ニュース

水曜日のカンパネラ・コムアイが沢尻エリカ主演映画に猫役で出演

コムアイ   2018/01/26 11:46掲載
はてなブックマークに追加
水曜日のカンパネラ・コムアイが沢尻エリカ主演映画に猫役で出演
 水曜日のカンパネラのシンガー / パフォーマー / インターフェイスとしてのみならず、二階堂ふみとW主演を務めたフジテレビ系“ワンカットドラマ”「トーキョー・ミッドナイト・ラン」や有田哲平 / 本田 翼主演のTBS系“テッペン!水ドラ!!”「わにとかげぎす」などへの出演で俳優としても注目を浴びるコムアイが、銀幕に進出。6月23日(土)より東京・新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかにて全国ロードショーの映画「猫は抱くもの」に“猫役”での出演が決定しています。

 同作は、『ヘルタースケルター』(2012)以来約6年ぶりの沢尻エリカ映画主演作となる犬童一心(『グーグーだって猫である』『ジョゼと虎と魚たち』)監督作品。沢尻のほか吉沢 亮峯田和伸岩松 了らと共に出演するコムアイが演じるのは、主人公“沙織”(沢尻)の恋人を自認するロシアンブルー“良男”(吉沢 亮)の相棒猫“キイロ”。

 コムアイは映画初出演について「この映画に参加して成長できたことを嬉しく思います。猫の映画と聞いて、猫と遊べる!と思って受けたのに、自分が猫の役だったので、実際に猫と戯れるシーンがなかったのは、落とし穴でした」と語り、自身の役柄を「どこにも通じ、どこにも属さない。猫は、人間と野生を行き来する生き物ですが、特に私が演じた猫・キイロは人間の元で飼われたり、野良として過ごしたり、流れに任せながらも自分で決めているキャラクターです」と評しています。

「猫は抱くもの」
2018年6月23日(土)新宿ピカデリー / 角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
nekodaku.jp

監督: 犬童一心(「グーグーだって猫である」「ジョゼと虎と魚たち」)
脚本: 高田 亮(「そこのみにて光輝く」「オーバーフェンス」)
原作: 「猫は抱くもの」(大山淳子著 / キノブックス刊)
出演: 沢尻エリカ / 吉沢 亮 / 峯田和伸 / コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松 了
制作: ADKアーツ
企画・配給: キノフィルムズ


©2018「猫は抱くもの」製作委員会
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
[インタビュー] 島田奈美、最新ベストアルバム発売 島田奈央子、島田奈美を語る[インタビュー] “最強打線”をそろえた初のアルバム。DJ FUKUの『スタメン』
[特集] 「がんばれ!隠れ汗 プロジェクト」とは?『ビオレ さらさらパウダーシート』アニメCM公開中[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界
[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015