ニュース

近藤等則、エレクトリック機材を一新したお披露目ライヴを開催

近藤等則   2016/12/06 13:28掲載
はてなブックマークに追加
近藤等則、エレクトリック機材を一新したお披露目ライヴを開催
 留まることなく新しいサウンドを追求し続ける世界的トランぺッター・近藤等則が、自身のアイコンであるエレクトリック機材を一新。そのお披露目ライヴを12月27日(火)東京・六本木 Varit.で行ないます。

 自然の中で、自然から得るインスピレーションに忠実に即興演奏する“地球を吹く”プロジェクトを、国内外の各地で18年に亘って行なってきた近藤。2012年にオランダ・アムステルダムから帰国し、以降ライヴやレコーディングを重ね、自然から得たインスピレーションをライヴハウスやコンサート・ホールでの演奏にフィードバックする試みを続けてきました。

 2016年秋、自身のアイコンであるエレクトリック・トランペット・システムとトラック制作ツールを一新し、息を表現するトランペットの音色が、さらに有機的で奥行深いものに変化。この新しいサウンドがライヴで披露されます。

The Future of Electronic Improvised Music
〜電子即興音楽の未来〜二ヶ月連続東京公演・第二夜


2016年12月27日(火)
東京 六本木 Varit.
開場 19:00 / 開演 19:30
前売 4,000円 / 当日 4,500円(税込 / 別途ドリンク代)

[出演]
近藤等則(e-tp,tracks)
DJ Yama a.k.a Sahib(turntable)
EIJI(g)
守家 巧(b)

※お問い合わせ: Varit.
www.r-varit.net
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY
[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』
[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』
[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)
[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』
[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015