ニュース

桑原あい、スティーヴ・ガッド、ウィル・リーとの共演ライヴ・アルバムをリリース

桑原あい   2019/01/28 13:14掲載
はてなブックマークに追加
桑原あい、スティーヴ・ガッド、ウィル・リーとの共演ライヴ・アルバムをリリース
 ジャズ・ピアニストの桑原あいが、2018年9月にブルーノート東京にて行なわれた、スティーヴ・ガッド(ds)、ウィル・リー(b)との共演ライヴを収録したライヴ・アルバム『Live at Blue Note Tokyo』(UCCJ-2164 3,000円 + 税)を3月20日(水)にリリースします。

 桑原は、2016年に米ニューヨークでこのメンバーでレコーディングを行ない、2017年にアルバム『Somehow, Someday, Somewhere』として発表。リリース後は同メンバーで全国ツアーを開催し、成功を収めました。2018年には同トリオでのツアーが再び実現し、本作はその中から東京での公演を収録しています。

 本作には、『Somehow, Someday, Somewhere』からの楽曲や、この公演のために桑原が書き下ろした新曲、デイヴ・ブルーベック「Blue Rondo a la Turk」や、ミシェル・ルグランの「How Do You Keep The Music Playing?」などのカヴァー曲も収録。豊かな感性とテクニックを持つ桑原と、世界最高峰ミュージシャンの2人が共鳴した様子が収められています。

 桑原は、4月26日(金)から28日(日)まで、東京・有楽町 国際フォーラム・ホールCにて開催される音楽イベント〈EAST MEETS WEST 2019〉に出演。同イベントでは、このアルバムで共演しているウィル・リーをはじめ、サム&デイヴサム・ムーアマイク・スターン日野皓正矢野顕子といったトップ・アーティストらとの共演が予定されています。公演の詳細は〈EAST MEETS WEST 2019〉のオフィシャル・サイトでご覧ください。

■2019年3月20日(水)発売
Ai Kuwabara with Steve Gadd and Will Lee
Live at Blue Note Tokyo

CD UCCJ-2164 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Somehow It’s Been A Rough Day
02. How Do You Keep The Music Playing?
03. “Black Orfeus Medley”A Felicidade〜Manha De Carnaval〜Samba De Orfe
04. Whereabouts
05. SAW
06. Comes in Like a Lion
07. All life will end someday, only the sea will remain
08. Blue Rondo A La Turk
09. The Back


EAST MEETS WEST 2019
emw.sunrisetokyo.com

2019年4月26日(金) / 27日(土) / 28日(日)
東京 有楽町 東京国際フォーラム・ホールC
[出演]桑原あい、ウィル・リー、サム・ムーア、マイク・スターン、ランディ・ブレッカー、日野皓正、渡辺香津美、矢野顕子、藤巻亮太、臼井ミトン 他
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015