ニュース

リザード、幻の80年代ライヴ映像がDVD化!

リザード(Japan)   2006/11/29掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ミラーズフリクションなどとともに東京ロッカーズの中心として活動し、カリスマ的魅力を放ったリザードの1980年のライヴ映像が、来年1月27日に『ロックンロール・ウォーリアーズ-LIVE’80-』(写真・TMSS-039 \4,935(税込))としてDVD化されます。

 このたびDVD化されるのは、1980年に行なわれた、リザード史の中でも人気の高い「鋼鉄都市破壊指令ツアー」時代のライヴ映像。グラム路線だった前身バンド、紅蜥蜴からリザードへ改名後、ジャン・ジャック・バーネルストラングラーズ)のプロデュースによるセルフ・タイトル1stアルバム(副題「鋼鉄都市ヲ破壊セヨ」)をリリースした直後のものなので、待ち望んでいた方も多いのでは。

 ヴォーカリストのモモヨの言動や、次々と打ち出されるビジュアル、スキャンダラスなイメージが先行しがちなリザードですが、ニューヨーク・パンクの影響が色濃い東京ロッカーズの中にあって、ストラングラーズの血を受け継いだともいえるバンド。その彼らが進化を遂げて花開き、後続へ影響を与え続けるまでとなった歴史の一幕として貴重な映像です。

 千葉の工業地帯を未来都市のイメージとしてジャケットに配した彼らの1stアルバム発売が1979年。80年代初期に起こったサイバーパンク・ムーブメントを予見していたバンドとしても大きな足跡を残した彼ら。リドリー・スコット『ブレードランナー』(1982年)、荒廃した千葉シティを舞台に繰り広げられるサイバーパンク小説の名作『ニューロマンサー』(1984年)よりも早く、サイバーパンク・ムーヴメントを体現したバンドが、日本で活動していた記録としてもファンのみならず多くの方に手にとっていただきたい作品です。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015