ニュース

LOVEBITES、初の英国ツアー完遂 ドラゴンフォースとの童謡セッションも披露

LOVEBITES(Heavy Metal)   2019/11/15 18:44掲載
はてなブックマークに追加
LOVEBITES、初の英国ツアー完遂 ドラゴンフォースとの童謡セッションも披露
 日本人女性5人組メタル・バンド、LOVEBITESの、11月2日よりスタートした全11公演にもおよぶ初の英国ツアーが11月14日に幕を閉じました。2017年11月の英国での初ライヴ以来、2018年8月の〈Bloodstock Open Air〉、2018年11月の欧州ツアー中のロンドン公演、そして今年2019年6月の〈Download Festival〉と、4度イギリスを訪れているLOVEBITES。5度目の渡英にして今回が初めてのUKツアーでした。

 このツアーは、英国を拠点とするヘヴィ・メタル・バンド、ドラゴンフォースの英国ツアーにスペシャル・ゲストとして帯同したもの。スコットランドはエジンバラに始まり、2,300人収容の老舗ライヴ・ハウス、O2フォーラム・ケンティッシュ・タウンでのロンドン公演を経て、11月14日のニューカッスル公演まで、13日間で11公演という過密スケジュールでのツアーでした。

拡大表示拡大表示

 公演ごとに演奏時間の異なる状況ながら、2020年1月29日(水)に発売となる3rdアルバム『エレクトリック・ペンタグラム』(完全限定盤A CD + DVD VIZL-1714 4,800円 + 税 / 完全限定盤B CD + 2CD VIZL-1715 4,500円 + 税 / 通常盤 CD VICL-65314 2,900円 + 税)からの新曲「サインズ・オブ・デリヴァランス」と、過去の作品からの人気曲をバランスよく配置したセット・リストは英国のファンを熱狂させました。

拡大表示拡大表示

 また、ドラゴンフォースのショウでは、バンジョーを取り入れて童謡「ピクニック」をプレイするコーナーがあり、ツアーの途中からLOVEBITESのギタリストのmidoriとmiyakoがステージに招かれ、ドラゴンフォースと楽しげにセッションするシーンも。さらに、最終日のニューカッスル公演では、ドラゴンフォースのアンコール時にLOVEBITESが全員登場し、セリーヌ・ディオンの名曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」のカヴァーを披露して会場をを盛り上げました。その際、ギタリストのハーマン・リが白いワンピースに身を纏い、LOVEBITESのメンバーに扮していたこともサプライズのひとつとなりました。

拡大表示拡大表示

 なおLOVEBITESは、ニュー・アルバムを携え、2020年2月14日(金)の福岡・舞鶴 Drum Be-1を皮切りに全国7都市7公演を行なう過去最大規模のジャパン・ツアー〈ELECTRIC PENTAGRAM TOUR 2020〉を開催。モバイル・ファンクラブ会員限定のチケット先行受付を11月17日(日)まで実施中です。詳細はオフィシャル・サイトにてご確認ください。

拡大表示


LOVEBITES ELECTRIC PENTAGRAM TOUR 2020
lovebites.jp/news.cgi/view/216
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015