ニュース

松本伊代、デビュー記念日に「センチメンタル・ジャーニー」40周年ヴァージョンを配信リリース

松本伊代   2021/10/21 13:17掲載
はてなブックマークに追加
松本伊代、デビュー記念日に「センチメンタル・ジャーニー」40周年ヴァージョンを配信リリース
 1981年10月21日に「センチメンタル・ジャーニー」で歌手デビュー、“花の82年組”の代表的存在として史上最年少(当時)の東京・日本武道館公演を成功させるなど、トップ・アイドルとして活躍してきた松本伊代が、デビュー記念日である10月21日(木)に「センチメンタル・ジャーニー(40th Anniversary Version)」をアルバムに先がけ配信リリース。

 松本が、全曲ニュー・レコーディングによるアルバムをリリースするのは『MARIAGE〜もう若くはないから』(1991年1月21日発売)以来、30年ぶり。12月22日(水)に発売される40周年アルバムのタイトルは、『トレジャー・ヴォイス [40th Anniversary Song Book] 〜Dedicated to Kyohei Tsutsumi』。デビュー曲「センチメンタル・ジャーニー」をはじめ、松本に数々の名曲を提供し2020年10月7日に亡くなった故・筒美京平が、「はっきり言って美声ではないが、実にユニークな響きのある声、ちょっと甘えっぽく、少年的でもある伊代さんの声が私は大好きです。『真夏の出来事』を唄った平山三紀の低くブツブツ切れる様な声、少年時代の郷ひろみの妙に鼻に抜ける声と共に私の好きな三大ヴォイスのひとつです」(2004年発売『松本伊代BOX』ライナーより抜粋)とメッセージを寄せていることにちなんだネーミングです。

 収録曲は、すべて筒美作品で構成。自身のオリジナル曲からは、「センチメンタル・ジャーニー」、「ラブ・ミー・テンダー」、「虹色のファンタジー」、「ビリーヴ」、「ポニーテイルは結ばない」の5曲をセルフリメイク。演奏はオリジナルの音源を使用し、すべてニュー・ヴォーカルで録音されました。

 また、筒美への敬意を込めて、「くれないホテル」(オリジナル: 西田佐知子)、「真夏の出来事」(オリジナル: 平山三紀)、「あなたがいたから僕がいた」(オリジナル: 郷ひろみ)、「シンデレラ・ハネムーン」(オリジナル: 岩崎宏美)のカヴァー4曲を収録。いずれも、松本の“トレジャー・ヴォイス”を活かした歌唱です。

 さらに、新曲「イエスタデイ・ワンス・モア」も特別に収録。この曲は、1975年頃、ビクターのディレクターが預かった未使用のメロディで、たまたまリリースの機会を逃していたもの。松本の40周年記念曲として、このたびレコーディングされました。作詞は、同じく「センチメンタル・ジャーニー」を手がけた湯川れい子が担当。「京平先生の新曲があるなんて、夢のようです。ドキドキしながら聴かせていただいたら、やっぱりただものではないメロディです。実は『センチメンタル・ジャーニー』はドリス・デイ、『ラブ・ミー・テンダー』はエルヴィス・プレスリーの大ヒット・ナンバーでした。そこで今回も、何か歴史に残る洋楽のタイトルを考えて欲しいと言われて、頭に浮かんだのがカーペンターズの大ヒット曲『Yesterday Once More』だったのです。あのカレン・カーペンターの、一度聴いたら忘れられない癒しの声。そして伊代ちゃんの、長い年月を感じさせない甘い魅惑の声」をイメージして書いたと湯川はコメントしています。

 新曲「イエスタデイ・ワンス・モア」とカヴァー4曲の編曲を担当したのは、4月に東京・国際フォーラムで開催された〈筒美京平トリビュートコンサート〉の総指揮を務めた船山基紀。筒美京平メロディを知り尽くしたアレンジャーの力強いサポートを得て、アルバムの仕上がりが楽しみです。

 なお、同時にリリースされる生産限定盤には、1980年代当時の日本テレビ番組での歌唱シーンを収めたスペシャルDVDが付属(すべて初商品化)。ブックレットには、松本伊代からのメッセージや最新インタビュー、船山とのスペシャル対談も掲載される予定です。詳細はオフィシャル・サイトなどをご確認ください。

[コメント]
伊代はまだ16だから――。自分の名前が織り込まれている湯川先生の詞を初めて見た時はびっくりして「私に歌えるかしら」と不安だった「センチメンタル・ジャーニー」。ところが!京平先生のメロディに乗せて歌い始めたら、すぐに気恥ずかしさは消えて大好きな歌になりました。それから40年。私の代名詞ともいえる大切な歌を、40年分の感謝を込めて歌い直しました。12月にリリースするアルバムからの先行配信です。YouTubeの映像と合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです。
――松本伊代

拡大表示


拡大表示




■2021年10月21日(木)配信開始
松本伊代
「センチメンタル・ジャーニー(40th Anniversary Version)」

jvcmusic.lnk.to/SENTIMENTAL_JOURNEY_40th
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015