ニュース

マックス・リヒター「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト」初のMV公開 エリザベス・モス出演

マックス・リヒター   2018/06/22 11:59掲載
はてなブックマークに追加
マックス・リヒター「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト」初のMV公開 エリザベス・モス出演
 プロデューサー / 作曲家 / 映画音楽家として活動するポスト・クラシカル界の最重要人物のひとり、マックス・リヒター(Max Richter)が、2004年に発売したソロ2作目『ブルーノートブック』の15周年記念盤『ブルーノートブック〜15周年記念盤』をCD2枚組(483-5014 輸入盤 / オープン価格)とLP2枚組(483-5259 輸入盤 / オープン価格)で5月11日にリリース。さらに、6月29日(金)には、ハードバックブックの中に本物のノートブックを封入し、ボーナス・トラックとして新曲を追加した『ブルーノートブック〜15周年記念スーパー・デラックス盤』(479-9905 輸入盤 / オープン価格)を発売。リリースを前に、映画『メッセージ』をはじめとする多くの映画で使用されたリヒターの代表曲「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト」の初のMVが公開されています。

 このMVは2018年3月、カナダのトロントで撮影されました。監督は、エド・シーラン(Ed Sheeran)の「キャッスル・オン・ザ・ヒル」やトム・オデール(Tom Odell)の一連のMVを手がけてきたジョージ・ベルフィールド(George Belfield)が務めています。MVに出演し、リヒターのクリエイティヴ・チームとともにプロデュースも務めたエリザベス・モス(Elisabeth Moss)は、ドラマ『マッドメン』で脚光を浴び、昨年自身がエグゼクティブ・プロデューサー兼主演をつとめた「ハンドメイズ・テイル / 侍女の物語」で〈第75回ゴールデン・グローブ賞〉のTVシリーズ / ドラマ部門の“作品賞”“主演女優賞”、そして〈エミー賞〉で“主演女優賞”ほか数々の賞を受賞したことで話題となりました。

 リヒターの“一番のファン”を公言するモスは、「このプロジェクトの依頼を受け、まさに夢が叶ったという思いでした。何年もの間、私の作品づくりは彼の音楽にインスパイアされてきました。セットでの撮影の合間、マックスの音楽をイヤホンで聴かない日がないほど、私の演技と彼の音楽は切り離せません。その彼の作品の中でも最も創造性に富む楽曲に乗せて演じる機会を与えられたのは非常に光栄なことです。監督のジョージをはじめとしたチームとの仕事は非常にやりがいのある、生涯忘れ得ぬ経験でした」とコメントしています。

 ベルフィールドは「エリザベスは私の言わんとしていたことを100%理解してくれました。そして与えられた役以上のものをもたらしてくれました。撮影前、私達は十分に話し合い、役柄や生い立ちを含めた背景だけでなく、人生の岐路で彼女が感じることになる感情を裏付ける内的なモノローグまで書き出しました。〈ハンドメイズ・テイル / 侍女の物語〉に加え、次回作の撮影で多忙を極めていたにもかかわらず、彼女はすっかり役になりきってくれたんです。素晴らしい仕事ができたと思います」と語っています。


©Heiko Prigge/DG

■2018年6月29日(金)発売
『ブルーノートブック〜15周年記念スーパー・デラックス盤』
479-9905 輸入盤 / オープン価格
※スーパー・デラックス盤にのみハードバックブックの中にノートブック封入

[CD 1]
The Blue Notebooks (Original)
01. The Blue Notebooks
02. On The Nature Of Daylight
03. Horizon Variations
04. Shadow Journal
05. Iconography
06. Vladimir's Blues
07. Arboretum
08. Old Song
09. Organum
10. The Trees
11. Written On The Sky

[CD 2]
Bonus Tracks & Remix
01. A Catalogue of Afternoons
02. On the Nature of Daylight (Orchestra Version)
03. Vladimir’s Blues (2018)
04. On the Nature of Daylight (Entropy)
05. Vladimir´s Blues (Jlin Remix)
06. Iconography (Konx-Om-Pax Remix)
Clyde Otis:
07. This Bitter Earth / On The Nature Of Daylight
08. Cypher -Bonus Track


■2018年5月11日(金)発売
『ブルーノートブック〜15周年記念盤 CD』
483-5014 輸入盤 / オープン価格
 
『ブルーノートブック〜15周年記念盤 LP』
483-5259 輸入盤 / オープン価格

[CD1]
The Blue Notebooks (Original)
Max Richter:
01. The Blue Notebooks
02. On The Nature Of Daylight
03. Horizon Variations
04. Shadow Journal
05. Iconography
06. Vladimir's Blues
07. Arboretum
08. Old Song
09. Organum
10. The Trees
11. Written On The Sky

[CD2]
Bonus Tracks & Remixes
Max Richter:
01. A Catalogue of Afternoons*
02. On the Nature of Daylight (Orchestra Version)
03. Vladimir’s Blues (2018)
04. On the Nature of Daylight (Entropy)
05. Iconography (Konx-Om-Pax Remix)
06. Vladimir´s Blues (Jlin Remix)
Clyde Otis:
07. This Bitter Earth / On The Nature Of Daylight
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015