ニュース

マキシモ・パーク、話題作に続く最新アルバムを発表!

マキシモ・パーク   2007/02/20掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
マキシモ・パーク、話題作に続く最新アルバムを発表!
 3月3日に開催されるイベント「BRITISH ANTHEMS 2007」出演に続き、英国ニューキャッスル出身の5人組バンド、マキシモ・パークのニュー・アルバム『Our Earthly Pleasures』(写真)が翌月の4月に発売されます。

 WARPレコード初のギター・ロック・バンドとして話題を集め、本国では60万枚を超えるセールスを記録したデビュー作『A Certain Trigger』に続く、約2年ぶりの新作。プロデューサーには、ピクシーズフー・ファイターズなどで知られるギル・ノートンを起用し、先行シングル「Our Velocity」を含む全12曲を収録しています。すでに彼らのMySpaceページではシングル曲「Our Velocity」の試聴も開始されており、よりパワフルなスタイルとなった彼らの今を体験できます。発売はUK盤が4月2日に、日本盤(BRC-173LTD \2,180(税込))が4月11日にそれぞれ予定され、日本盤にはボーナス・トラックの追加も計画されています。2年にも及んだワールド・ツアーでの経験と、重鎮プロデューサーのギル・ノートンの貢献によって生まれた本作。発売まで期待して待つと致しましょう!


●『Our Earthly Pleasures』
01. Girls Who Play Guitars
02. Our Velocity
03. Books From Boxes
04. Russian Literature
05. Karaoke Plays
06. Your Urge
07. Unshockable
08. By The Monument
09. Nosebleed
10. Fortnight's Time
11. Sandblasted & Set Free
12. Parisian Skies

+日本盤のみボーナス・トラック追加予定。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015