ニュース

眩暈SIREN、アニメ「spinoid」主題歌含む両A面シングルをリリース

眩暈SIREN   2019/07/24 13:00掲載
はてなブックマークに追加
眩暈SIREN、アニメ「spinoid」主題歌含む両A面シングルをリリース
 福岡出身の5人組ロック・バンド、眩暈SIRENが、9月11日(水)にメジャー2作目となる初の両A面シングル「滲む錆色 / 紫陽花」(初回限定盤 CD + DVD SRCL-11245〜46 2,000円 + 税 / 通常盤 CD SRCL-11247 1,200円 + 税)をリリース。「滲む錆色」は、じん(自然の敵P)による“カゲロウプロジェクト”でキャラクター・デザインを務めているマルチ・クリエイターの“しづ”が手がけたYouTubeで公開のオリジナル・アニメ「spinoid(スピノイド)」第1章の主題歌に起用されることが決定しています。併せて、同楽曲のアニメ・ヴァーションのミュージック・ビデオが公開されています。

 退廃的な詞世界とピアノの繊細な響きが印象的なエモーショナルな新曲「滲む錆色」は、しづ初のオリジナル・アニメ「spinoid(スピノイド)」第1章のために書き下ろされた楽曲。もともと眩暈SIRENのファンだったというしづは、「歌詞や音作りから今の創作活動に多大なる影響を受けていると感じています。そんな眩暈さんに自分の作品の曲を書き下ろして頂き、その上自分で映像をつけられるなんて本当に夢のような気分です」とコメント。眩暈SIRENは、「実際にしづさんとお話させて頂いて、世界観、ストーリーなど、いかに想いを込めてこの作品作りに取り組んでいるのかが伝わりました。我々も世界観を伝えることが出来るような雰囲気や言葉選びなど、作品に寄り添う一曲として、『滲む錆色』を作らせて頂きました」と語っています。

 なお、本作のもうひとつのA面曲「紫陽花」は、タワーレコードが様々なコンテンツを企画・制作するプロジェクトとしてこの春始動させた“タワレコ ラボ”が手がけるショート・ムービー「終わらない世界」の主題歌に起用されており、各主要配信 / ストリーミンク・サイトにて先行配信されています。

 また、本作の発売を記念して、2019年10月18日(金)東京・品川教会グローリア・チャペルにて購入者限定の完全招待制ライヴの開催が予定されています。

今回「spinoid」の主題歌にあたる曲を眩暈SIRENさんに作って頂きました。
自分が元々眩暈さんのファンで曲をいつも聴かせて頂いていたので、歌詞や音作りから今の創作活動に多大なる影響を受けていると感じています。そんな眩暈さんに自分の作品の曲を書き下ろして頂き、その上自分で映像をつけられるなんて本当に夢のような気分です。
作品の世界観に寄り添って作って頂いたバリバリにかっこいい音と言葉、是非聴いてください。

――しづ

実際にしづさんとお話させて頂いて、世界観、ストーリーなど、いかに想いを込めてこの作品作りに取り組んでいるのかが伝わりました。
我々も世界観を伝えることが出来るような雰囲気や言葉選びなど、作品に寄り添う一曲として、「滲む錆色」を作らせて頂きました。
微力ではありますがこの楽曲を通して、より多くの方にしづさんの作品を伝えることが出来ることを願っています。

――眩暈SIREN



■2019年9月11日(水)発売
眩暈SIREN
「滲む錆色 / 紫陽花」

初回限定盤 CD + DVD SRCL-11245〜46 2,000円 + 税
通常盤 CD SRCL-11247 1,200円 + 税

[CD]
01. 滲む錆色
02. 紫陽花
03. 九月一日

[初回限定盤付属DVD]
2018.11.02「囚人のジレンマ TOUR2019」@ 渋谷 WWW X ライブ映像
01. ジェンガ
02. HAKU
03. 偽物の宴
04. 空気より透明な
05. 夕立ち
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015