ニュース

マイルス・デイヴィスによる80年代の幻のアルバムが発売に

マイルス・デイヴィス(Miles Davis)   2019/06/24 13:13掲載
はてなブックマークに追加
 モダン・ジャズ史上最大のイノヴェーターとして知られるトランペット奏者、マイルス・デイヴィス(Miles Davis)が、ワーナーに移籍した1985年に録音したものの、その後発表されることなく眠っていた幻のアルバム『ラバーバンド』(CD WPCR-18258 2,400円 + 税)が9月6日(金)に発表されます。

 オリジナル・セッション時のプロデューサーでもあったランディ・ホールとゼイン・ジャイルズやデイヴィスの甥にあたるヴィンス・ウィルバーン・ジュニアは録音から32年後の2017年に、レデシーや、ダニー・ハサウェイの娘、レイラ・ハサウェイを迎えて追加レコーディングを行ない、その音源の一部は2018年のレコード・ストア・デイで『RUBBERBAND EP』として発売されました。9月に発売される『ラバーバンド』は全11曲入り。85年のデイヴィスが目論んでいた、ファンクやソウルのグルーヴを大胆に取り入れたサウンドの全貌が明らかになります。

 オリジナルのレコーディング・セッションでは、デイヴィスがトランペットとキーボードを担当。キーボードにアダム・ホルツマンニール・ラーセン、ウェイン・リンゼイ、パーカッションにスティーヴ・リード、サックスにグレン・バリス、そしてドラマーに甥のヴィンス・ウィルバーン・ジュニアを迎えていました。ジャケット・カヴァーにはデイヴィスによる絵画がレイアウトされています。

Miles Davis / マイルス・デイヴィス「RUBBERBAND / ラバーバンド」 | Warner Music Japan
wmg.jp/miles-davis/discography/21247
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015