ニュース

満島ひかり「群青」ヴァイナルのHMV先行販売が決定 島田大介監督のMVも公開

満島ひかり   2017/09/13 14:04掲載
はてなブックマークに追加
満島ひかり「群青」ヴァイナルのHMV先行販売が決定 島田大介監督のMVも公開
 〈中島みゆき RESPECT LIVE 2015〉への参加や、MONDO GROSSO何度でも新しく生まれる』収録曲「ラビリンス」での歌唱など、近年再び“シンガー”として注目を浴びる満島ひかりが、EGO-WRAPPIN'の楽曲提供でオリジナル・シングル「群青」を8月にリリース。同作のヴァイナル・ヴァージョン(12inch HR12S005 2,200円 + 税)が10月7日(土)に発売されます。

 今年7月に公開された自身主演の映画「海辺の生と死」(越川道夫監督作品)で舞台となった奄美群島・加計呂麻島からのイマジネーションを、EGO-WRAPPIN'との共振で具現化したという「群青」。ヴァイナルにはオリジナル・ミックスに加え、“ultramarine dub mix”と題されたヴァージョンとインストゥルメンタルもBサイドに収録。グラフィックデザイナー・北山雅和が手がけるアートワークは、カヴァーアートに満島自ら記した十字架モチーフのタイトル文字をあしらい、ライナーには中納良恵(EGO-WRAPPIN')の手書き歌詞が落とし込まれています。

 なお本作は、10月7日の一般発売に先駆けて9月30日(土)より東京・HMV record shop 渋谷 / 新宿ALTA / コピス吉祥寺の3店舗にて先行販売。YouTubeでは、島田大介(コトリフィルム)が監督と務めたミュージック・ビデオも公開中。


EGO-WRAPPIN'のふたりの曲と、わたしの声と、
静かに寄りそってくれるミュージックビデオが完成しました。
光と水の世界は、透明でちょっとこわいです。
けれど、見ていていい感じの気分になりました。

――満島ひかり

海面と水中の境目は生と死の境に感じる時があります。
海と一体になった時安らぎを感じたり、 急に恐怖を感じたり。
楽曲を聞いた時のそんな感覚を表現しました。

――島田大介

■2017年10月7日(土)発売
満島ひかり
群青


拡大表示

12inch vinyl HR12S005 2,200円 + 税
先行販売: 2017年9月30日(土)〜
HMV record shop 渋谷 / 新宿ALTA / コピス吉祥寺


[side A]
01. 群青(main mix)

[side B]
01. 群青(ultramarine dub mix)
02. 群青(instrumental)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015