ニュース

ももいろクローバーZが東京・よみうりランドで野外ライヴ! クリスマスには、さいたまスーパーアリーナ公演も決定!

ももいろクローバーZ   2011/08/22掲載(Last Update:11/08/24 15:51)
はてなブックマークに追加
ももいろクローバーZが東京・よみうりランドで野外ライヴ! クリスマスには、さいたまスーパーアリーナ公演も決定!
 7月27日に発売された1stアルバム『バトル アンド ロマンス』が、オリコンウイークリーチャート3位を獲得してヒット中の人気女性アイドル5人組、ももいろクローバーZ百田夏菜子(17)、玉井詩織(16)、佐々木彩夏(15)、有安杏果(16)、高城れに(18)=が8月20日、東京・稲城市のよみうりランド・オープンシアターEASTで<ももいろクローバーZ サマーダイブ2011〜極楽門からこんにちは〜>と銘打った野外ライヴを開きました。

 約6000人の熱狂的ファンが詰めかける中、リーダーの百田は「皆さん、いい汗かいてますか〜。まだまだ汗をかきますので、大丈夫ですか〜。今日は、私たちにとって初めての夏の野外、最高のライヴにしたいと思っています」、玉井は「おーい、おまえら、私たちのこと好きか〜! 私たちもおまえらが大好きだ〜! (いままで長かった)髪の毛をバッサリ切って、今日も頑張ります」、佐々木は「皆さん、盛り上がってますか〜。あーりん(彼女の愛称)は雨女を卒業したので、今日は晴れ女として頑張ります」、有安は「今日は、最高の夏の思い出を一緒につくりましょう」、高城は「今日は雨の予報でしたが、雨も降らずにうれしいです。皆さん、一緒に最高の思い出にしましょう」とあいさつ。

 オープニングから熱い声援が飛び交う中、5人のメンバーたちは、アイドル・パワー全開で汗だくになって踊りながらニュー・シングル「Z伝説〜終わりなき革命〜」をはじめ、同曲と同時発売のシングル「D’の純情」、1stアルバムから「天手力男」「「ワニとシャンプー」「ももクロのニッポン万歳!」「キミノアト」「行くぜっ!怪盗少女」など全21曲を熱唱。

 最後まで熱いステージでファンと一緒に大フィーバーし、玉井は「いままでの夏の中で最高の夏になりました」、佐々木は「来年の夏もまたこうやってみんなと過ごしたい」などと感激もひとしおの様子。

 その中で、今年のクリスマス(12月25日)に初めて、さいたまスーパーアリーナでグループ最大規模の単独コンサートを開くことを発表し、ファンたちを喜ばせました。

 また、<ももクロ秋の2大企画〜女祭り2011〜>(10月30日@東京・SHIBUYA O-EAST)=女性限定ライヴ=、<ももクロ秋の2大企画〜男祭り2011〜>(11月6日@東京・品川ステラボール)=男性限定ライヴ=と題した秋の2大まつりイベントの開催が決定! 怒涛の快進撃を続ける、ももクロZから目が離せません。


ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ


【ライヴ情報】

<ももいろクローバーZ「ももいろクリスマス2011」>
●日時:12月25日(日)
●会場:埼玉 さいたまスーパーアリーナ
●時間:開場16:30 / 開演17:30
●料金:全席指定 前売り 6,300円(税込) / 当日 6,800円(税込)
主催:スターダストプロモーション
企画・制作:スターダスト音楽出版/H.I.P.
後援:キングレコード
協力:ぴあ
問い合わせ:H.I.P. 03-3475-9999 / www.hipjpn.co.jp

<ももクロ秋の2大祭り>
ももクロ女祭り2011
10月30日(日)東京 渋谷 O-EAST

ももクロ男祭り2011〜
11月6日(日)東京 品川ステラボール
※ライヴ詳細は後日発表
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015