ニュース

ももいろクローバーZが「セーラームーン」新主題歌を担当! フランス<Japan Expo>のステージで発表

ももいろクローバーZ   2012/07/09 17:08掲載
はてなブックマークに追加
ももいろクローバーZが「セーラームーン」新主題歌を担当! フランス<Japan Expo>のステージで発表
 6月27日に発売した8枚目のシングル「Z女戦争(おとめせんそう)」がヒット中の人気女性アイドル5人組、ももいろクローバーZが7月6日、2013年夏を目標に製作される大人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の新作主題歌を担当することを発表しました。

 これは、フランス・パリ郊外で開催中の日本文化をテーマとした博覧会<Japan Expo>の会場でメンバーから発表されたもの。「セーラームーン」は日本だけではなく世界中で愛されているマンガ&アニメ作品。今年はその誕生20周年という記念すべき年であり、豪華愛蔵版や復刻商品の発売、イベント開催などの記念企画が準備されています。

 ももクロの5人は<Japan Expo>会場内のJ.E.LIVE HOUSEで行なわれたイベント<SAILOR MOON 20TH ANNIVERSARY STAGE FEATURING MOMOIRO CLOVER Z>のステージにセーラームーンをイメージした衣装を着て登場し、アニメ「セーラームーン」のオープニング曲として知られる「ムーンライト伝説」をオリジナルの振り付けでパフォーマンス。その後、メンバーの玉井詩織から来年2013年夏公開を目標にセーラームーンの新アニメが製作されることが発表されると、集まった観客から大きな拍手が沸き起こりました。

 さらに、リーダー百田夏菜子から新主題歌をももクロが歌うことが発表されると場内は大歓声に包まれ、百田は「世界中のみなさんに私たちの歌声が届くようにがんばります!」とコメント。なおこの日はももクロの自己紹介もセーラームーンバージョンに。百田はセーラームーン、佐々木彩夏はセーラーマーズ、玉井はセーラーヴィーナス、有安杏果はセーラージュピター、高城れにはセーラーマーキュリーとして自己紹介を披露しました。

 このイベントの様子は東京・港区のニコファーレで行なわれた「美少女戦士セーラームーン」20周年記念トークイベントとも連動し、ニコニコ生放送でも配信。ニコファーレには月野うさぎ役の三石琴乃、地場衛&タキシード仮面役の古谷徹が出席。三石から「<ムーンライト伝説>を歌ってみていかがでした?」と訊かれると、佐々木が「この曲はママが私に子守唄として歌ってくれていた歌なのでそれがこうやってステージで歌えてそしてフランスで歌うことができてすごくうれしいです」と感想を述べました。続いて古谷から新作主題歌を担当することの感想を訊かれると玉井が「今日セーラームーンのイベントがあるということは聞いていて<ムーンライト伝説>を練習してきたのですが、控え室に入ったらこのかわいい衣装とウィッグが置いてあって、この衣装を着れることにびっくりしたのと、アニメ主題歌を歌わせていただくということを今日フランスで聞いて、ダブルでびっくりでした」と嬉しそうに答えていました。

 ももクロはこのイベントの前日の5日も<Japan Expo>に参加。ももクロの海外公演は昨年9月のドイツ公演、今年5月のマレーシア公演に続いて3ヵ国目。フランス初のライヴ・パフォーマンスとなった<Japan Expo>メインステージでのライヴでは、メンバーのイメージカラーで照らされた5つの箱の中にそれぞれのシルエットが出現。箱の中から5人が「MCZ参上」の5文字をそれぞれ一文字ずつ筆で書き上げた後、そこを破って登場するというオープニングで集まった観客の度肝を抜きました。さらに発売されたばかりの新曲「Z女戦争(おとめせんそう)」をはじめとして4曲を熱唱。メンバーが「みなさーん!ボンジュール!」と叫ぶとフランスのファンも大きな拍手で出迎えました。また5日午後に行われたライヴではフランス語での自己紹介も披露。「ピンキージョーンズ」や「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」など、勢いのある楽曲を次々に披露し観客を圧倒しました。その他、現地ではファンへのサイン会やフランスメディアからのインタビューを受けるなど、ライヴ以外でもフランスの人々の心を魅了していました。

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015