ニュース

MONO、WOWOW『かなたの子』の書き下ろしテーマ曲「kanata」がiTunesで配信

モノ(Japan)   2013/11/19 15:01掲載
はてなブックマークに追加
MONO、WOWOW『かなたの子』の書き下ろしテーマ曲「kanata」がiTunesで配信
 12月1日(日)より「WOWOW」“連続ドラマW”枠で放送がスタートする『かなたの子』(原作:角田光代、監督:大森立嗣、出演:坂井真紀 / 井浦 新 / 宮崎 将 / 満島ひかり / 永瀬正敏[友情出演] / 藤村志保ほか、全4回放送)。本作のために、インストゥルメンタル・ロック・バンドのMONOが書き下ろしたテーマ曲「kanata」が、11月27日(水)よりiTunesで配信開始。日本を皮切りに、世界各国で順次リリースされるとのこと。

WOWOW 連続ドラマW
『かなたの子』
2013年12月1日(日)スタート / 毎週日曜夜10:00
全4話 / 第1話無料放送

[STORY]
前をゆくおぼろな人影が見える。深い霧が立ちこめ、足下は、めり込むような砂地だ。人影はとてもゆっくりと歩いているのに、どうしても追いつけない。と、ふっとかろやかに別の人影が追い越していった。ちいさな人影だ。霧の中に、ほの見える表情にはなにか見覚えがある気がする。もっと近づこうと足を踏み出したとたん、そのちいさな人影は消えてなくなり、“私”は膝から崩れ落ちた……。
豆田日都子(坂井真紀)は1泊2日の富士登山ツアーに参加していた。ガイドの野澤亮一(井浦 新)を先導に、近藤晋太郎(鈴木晋介)、青山ソメノ(伊佐山ひろ子)、見附あい(大西礼芳)と共に山頂を目指している。ふとソメノが振り返ると、日都子が手で顔を覆いしゃがみこんでいた。亮一たちに声をかけられ我に返った日都子は、もうろうとする意識の中で見た人影がひとり娘のなつき(岩崎未来)であったことに気付く……。


原作:角田光代「かなたの子」
(文藝春秋 / 2012年[第40回]泉鏡花文学賞受賞)
監督:大森立嗣
脚本:高橋 泉
音楽:MONO
出演:坂井真紀 / 井浦 新 / 宮崎 将 / 満島ひかり / 永瀬正敏 / 藤村志保 ほか
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015