ニュース

村治佳織のデビュー25周年記念アルバム『シネマ』、吉永小百合と坂本龍一から推薦コメント到着

村治佳織   2018/09/19 13:32掲載
はてなブックマークに追加
村治佳織のデビュー25周年記念アルバム『シネマ』、吉永小百合と坂本龍一から推薦コメント到着
 今年でデビュー25周年&デッカ専属契約15周年を迎えるギタリストの村治佳織が、名作映画の音楽を集め、全18曲中12曲を新アレンジで収録した最新アルバム『シネマ』(限定盤 SHM-CD+DVD UCCD-9980 3,600円 + 税 / 通常盤 CD UCCD-1466 2,800円 + 税)を9月19日(水)にリリース。本作について、吉永小百合坂本龍一から推薦コメントが寄せられています。

 舌腫瘍のため2013年に休養を宣言した村治は、2014年の映画『ふしぎな岬の物語』の音楽で演奏活動を再開。本作にはそのテーマ曲「望郷」をギター・ソロ・ヴァージョンで収録しています。この映画の企画と主演を務めた吉永小百合は、「『第三の男』を聴いて、佳織さんのギターの限りない魅力を感じました。力強い音色に圧倒されたのです。『ピアノ・レッスン』は、映画の1シーンのようにあでやかでした。そして『ふしぎな岬の物語』は懐しい思い出いっぱいの作品です。ギターと映画の見事な共演をいつまでも聴いていたい……そんな思いでいます」とコメントを寄せています。

 また、本作に村治自身がアレンジを施したテーマ曲を収録した、1988年日本公開の映画『ラストエンペラー』で出演と音楽を担当し、アカデミー賞作曲賞を受賞した坂本龍一は、「『ラスト・エンペラー』のテーマがこのように変身するとは、思いもよりませんでした。新鮮です」とコメントしています。

 本作の発売を記念し、村治のオフィシャル・サイトがリニューアル。ユニバーサルミュージックのWEBサイトには、“村治佳織から届いた25のメッセージ”と題された本人のメッセージが公開されています。

©操上和美

■2018年9月19日(水)発売
村治佳織
『シネマ』

限定盤 SHM-CD+DVD UCCD-9980 3,600円 + 税
通常盤 CD UCCD-1466 2,800円 + 税

[収録曲]
01. ダリオ・マリアネッリ / 牟岐礼編: 映画『プライドと偏見』から「夜明け」
02. 久石譲 / 小関佳宏編: 映画『ハウルの動く城』から「人生のメリーゴーランド」
03. 安川午朗: 映画『ふしぎな岬の物語』から「望郷」
04. ヤン・ティルセン / ヨナス・レフヴァート編: 映画『アメリ』から「ある午後の数え歌」
05. マイケル・ナイマン / 牟岐礼編: 映画『ピアノ・レッスン』から「楽しみを希う心」
06. 坂本龍一 / 村治佳織編: 映画『ラストエンペラー』から「テーマ」
07. エンヤ / 小関佳宏編: 映画『ロード・オブ・ザ・リング』から「メイ・イット・ビー」
08. ハーマン・フップフェルド / 渡辺香津美編: 映画『カサブランカ』から「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」
09. ヘンリー・マンシーニ / 村治佳織編: 映画『ティファニーで朝食を』から「ムーン・リバー」
10. アントニオ・ルビーラ / ナルシソ・イエペス編: 映画『禁じられた遊び』から「愛のロマンス」
11. ニーノ・ロータ / ポール・キャンベル編: 映画『ロミオとジュリエット』から「愛のテーマ」
12. エンニオ・モリコーネ / 鈴木大介編: 映画『ニュー・シネマ・パラダイス』から「愛のテーマ」
13. ジョン・ウィリアムズ / ジョン・ウィリアムズ編: 映画『シンドラーのリスト』から「テーマ」
14. ニーノ・ロータ / モーガン&ポーチン編: 映画『ゴッドファーザー』から「愛のテーマ」
15.エンニオ・モリコーネ / モーガン&ポーチン編: 映画『ミッション』から「ガブリエルのオーボエ」
16. マーク・ノップラー / ポール・キャンベル編: 映画『ローカル・ヒーロー / 夢に生きた男』から「ワイルド・テーマ」
17. エンニオ・モリコーネ / 渡辺香津美&谷川公子編: 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』から「デボラのテーマ」
18. アントン・カラス / ディーター・クライドラー編: 映画『第三の男』から「テーマ」

[限定盤DVD収録内容]
01. 久石譲 / 小関佳宏編: 映画『ハウルの動く城』から「人生のメリーゴーランド」
02. ヘンリー・マンシーニ / 村治佳織編: 映画『ティファニーで朝食を』から「ムーン・リバー」


[演奏]
村治佳織(g) / 村治奏一(g / 01、12)

[録音]
2018年5月23〜26日 茨城 水戸芸術館 コンサートホールATM
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015