ニュース

ネイザン・イースト、初の単独来日公演を開催 杏里や小田和正もゲスト出演

ネイザン・イースト   2014/11/18 14:50掲載
はてなブックマークに追加
 今年3月、30年以上のキャリアにして初のソロ・アルバム『ネイザン・イースト』(写真)をリリースした世界最高峰ベーシストと称されるネイザン・イースト(Nathan East)。彼が同作を携えて来日、11月10日より東京・大阪にて自身初となるソロ公演を行いました。

 Billboard LIVE(東京 / 大阪)にて4日間計8公演が行なわれたライヴでは、ソロ・アルバムからの楽曲や、ネイザンの参加で生まれたDaft Punkの大ヒット「Get Lucky」などが披露され、満席の会場を盛り上げました。

 今回の公演には、11月10日(月)はJAY'ED、11日(火)は小田和正TOKU、13日(水)は杏里と、毎回豪華ゲストも出演。以前から交流を続けていた日本の実力派アーティストたちが、ネイザンと共に圧巻のステージを繰り広げました。新曲「また君と feat. Ms.OOJA」がiTunesのR&Bチャートにて1位を獲得したばかりのJAY'EDは、ファレル・ウィリアムスの大ヒット曲「HAPPY」とDaft Punkの「Get Lucky」を熱唱。ネイザンが「日本の兄弟」と呼ぶ小田和正は、アルバム『ネイザン・イースト』のために提供した楽曲「Finally Home」を共にパフォーマンス。杏里は、名曲「オリビアを聴きながら」を、ネイザンの美しいベースにのせて歌い上げました。

 東京公演では、アンコールに応えてバラード曲「America the Beautiful」の演奏が始まると、ステージ後方のカーテンが開き美しい六本木の夜景が。ネイザンが響かせるあたたかい音色と相まって、会場は静かな感動に包まれました。

 ネイザンの来日は、今回で69回目。大の親日家として知られる彼のベースには、今回も日の丸のデザインが。公演を終えたネイザンは、ファンに向けて「これまでずっと叶えたかったソロとしてのデビュー公演を日本という第二の故郷で達成することができた」とのメッセージを贈っています。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます


ネイザン・イースト 来日公演
11月10日 セットリスト

101 Eastbound
Can’t Find My Way Home
Sir Duke
Letter From Home
April
Overjoyed
Happy
Get Lucky
Daft Funk
America the Beautiful

■2014年3月19日(水)発売
ネイザン・イースト
『ネイザン・イースト』

YCCW-10217 2,500円 + 税

[収録曲]
01. 101 Eastbound
02. Sir Duke
03. Letter From Home
04. Moondance(ft. Michael McDonald)
05. I Can Let Go Now(ft. Sara Bareilles)
06. Daft Funk ft. Byron“Mr. Talkbox"Chambers
07. Sevenate(ft. Chuck Loeb)
08. Can't Find My Way Home(ft. Eric Clapton)
09. Moodswing
10. Overjoyed(ft. Stevie Wonder)
11. Yesterday(duet with Noah East)
12. Finally Home
小田和正氏 提供(作曲) / 日本盤にのみ収録
13. Madiba(ft. David Paich)
14. America the Beautiful
15. Four On Six *
* 日本盤ボーナストラック
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015