ニュース

エドワード・バンカーの犯罪小説を実写映画化、ニコラス・ケイジ主演「ドッグ・イート・ドッグ」公開

ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)   2017/04/21 13:24掲載
はてなブックマークに追加
エドワード・バンカーの犯罪小説を実写映画化、ニコラス・ケイジ主演「ドッグ・イート・ドッグ」公開
 裏社会を舞台にしたリアルな描写で知られる、作家エドワード・バンカーのクライム・サスペンス小説をニコラス・ケイジ主演で実写映画化した「ドッグ・イート・ドッグ」(R18+)が6月17日(土)より日本公開。オフィシャル・サイト(dogeatdog-movie.com)では予告編が公開されています。

 長年の刑務所勤めを終え、シャバに出てきたトロイは、ムショ仲間だったコカイン中毒のマット・ドッグ、巨漢のディーゼルと再会。お先真っ暗な人生とサヨナラしたい3人は、イカれた地元ギャングの首領から、ある仕事の依頼を受ける――。アメリカはオハイオ州・クリーブランドの裏社会を舞台に、“喰うか、喰われるか(DOG EAT DOG)”の状況を描いた息詰まるストーリーが展開される「ドッグ・イート・ドッグ」。監督は、『タクシードライバー』や『レイジング・ブル』の脚本を手掛け、本作では自身も俳優としてキーパーソンとなるギャングの首領を演じているポール・シュレイダー。キャストは、主人公“トロイ”役を務めるニコラス・ケイジをはじめ、ウィレム・デフォー(『プラトーン』)、クリストファー・マシュー・クック(『ウォーキング・デッド』)など。


©2015 BLUE BUDGIE DED PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

「ドッグ・イート・ドッグ」
※R18+作品
2017年6月17日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

出演: ニコラス・ケイジ / ウィレム・デフォー / クリストファー・マシュー・クック / オマール・ドーシー / ポール・シュレイダー

監督: ポール・シュレイダー
脚色: マシュー・ワイルダー
制作総指揮: バーニー・バーマン / ジェフ・キャパートン / レイモンド・マスフィールド ほか
制作: ブライアン・ベックマン / ゲイリー・ハミルトン / デヴィッド・ヒラリー
撮影: アレクサンダー・ダイナン
原作: エドワード・バンカー「ドッグ・イート・ドッグ」(早川書房 / ハヤカワ文庫NV)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015