ニュース

野宮真貴『miss maki nomiya sings』リイシューのジャケット写真、MV公開

野宮真貴   2019/02/14掲載(Last Update:19/02/15 14:43)
はてなブックマークに追加
 ピチカート・ファイヴ在籍時に唯一発表したソロ・アルバムのリイシュー『miss maki nomiya sings』(COCP-40774 2,500円 + 税)が3月20日(水)に発売されることで話題の野宮真貴。この作品の、リデザインされたジャケット写真、収録曲「Baby」のミュージック・ビデオが公開されています。さらに、当時制作に関わったプロデューサーであるHEESEYTHE YELLOW MONKEY)、テイ・トウワ鈴木慶一本田ゆかCIBO MATTO)からのコメントも公開されています。

 ジャケット写真は、当時写真家としてワールドワイドに活動していた紀里谷和明がスチールカメラを担当し、現代アートの伊藤桂司がデザインを手がけたもの。公開されたMVは、そのジャケットを基調に制作されています。


真貴ちゃんの「miss maki nomiya sings」はもう20年ほど前になるんですね。
イタリアで録音すると聞いて、中田英寿選手や、名波選手のようにイタリア人にアッピールするぞって気持ちで曲を書きました。
しかもカプリ島、カプリと言えばゴダールの「軽蔑」ブリジット・バルドーが全裸で泳いだ海。「太陽の真下」って歌詞がぴったりでした。
「Sous le Soleil Exactement」のアンナ・カリーナも頭の海に浮かんで。
世界一赤い口紅の似合う野宮真貴ちゃん、リイシューおめでとう。

――鈴木慶一
 
ミックスは今聞くとちょっと硬めだし、歌うにはちょっとテンポが速すぎたのも反省点ではあるけども、当時の気分は残ってると思う。
2000年、UKガレージやエレクトロニカに少しハマってる頃で。
今思えば特定の流行りジャンルに影響されちゃうのはこの頃までだったと思うのだが、その時のマイブームを真貴ちゃんへの楽曲提供の機会に、てらいもなく出せちゃったのは「野宮真貴」が一つのジャンルだからかな。
BABYのサビメロは今でも自分にはゴキゲンで、この頃から歌い手さんの顔を浮かべつ、鼻歌でメロディから着想するという手法は今日に続いてて。
その後少しは自信も持てるようになったので、またいつか機会があれば鼻歌からつくらせて、温泉で。

――TOWA TEI

『miss maki nomiya sings』の再発おめでとうございます。
KISSマニア同志として引き受けさせていただいた「ハード・ラック・ウーマン」。僕にとって初プロデュース作でした。
カバーするにあたり「アメリカの幼い少女が大好きなキッスのナンバーを歌う」っていうコンセプトを掲げ、ゼロから初期衝動のままにガムシャラに始めた記憶が、今改めて作品を聴いて鮮明に蘇りました。
レコーディングも物凄く楽しかったなぁ…新たなことにチャレンジ出来たのは、真貴さんのおかげです。
素晴らしいチャンスを与えてくれて、本当にありがとうございました。
これからもずっとずっとより多くの方々に聴いていただける作品になることを願っております。

――HEESEY(THE YELLOW MONKEY)
 
星が回ってスターストラックの再発、ピカ⭐YES!
――本田ゆか(CIBO MATTO)

■2019年3月20日(水)発売
野宮真貴
miss maki nomiya sings

CD COCP-40774 2,500円 + 税

[収録曲]
01. スター・ストラック / 本田ゆか(CIBO MATTO)
02. Baby / テイ・トウワ
03. フィオレラ・ウィズ・ジ・アンブレラ / VIP 200
04. ギンザ・レッド・ウィ・ウィ / インスタント・カフェ・レコーズ
05. アリヴェデルチ・ア・カプリ / モンテフィオリ・カクテル
06. 太陽の真下 / 鈴木慶一
07. Nicola / 岩村学
08. トップレス・パーティ / VIP 200
09. マイ・ボサノバ / モンテフィオリ・カクテル
10. ハードラック・ウーマン / HEESEY(THE YELLOW MONKEY)
11. 地球を七回半まわれ(BONUS TRACK) / クレイジーケンバンド
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015