ニュース

竹内まりや提供曲をコンプリートした岡田有希子のコンピ作リリース

岡田有希子   2019/09/18 14:42掲載
はてなブックマークに追加
竹内まりや提供曲をコンプリートした岡田有希子のコンピ作リリース
 1984年に“ステキの国からやって来たリトル・プリンセス”のキャッチフレーズでデビューし、〈日本レコード大賞〉ほか各音楽祭の最優秀新人賞を総なめにした伝説のアイドル“ユッコ”こと岡田有希子。80年代アイドル・ブームにおいて“ポスト松田聖子”とも呼ばれて一世を風靡した岡田には超一流の作家陣が楽曲を提供していましたが、なかでもデビュー曲「ファースト・デイト」をはじめ数多くの楽曲を提供したのが竹内まりや。その竹内が提供した全作品を1枚にコンプリートしたコンピレーション・アルバム『岡田有希子 Mariya's Songbook』(CD PCCA-04853 2,500円 + 税)が10月16日(水)にリリースされます。

 竹内は9月4日にリリースしたアルバム『Turntable』のなかで、岡田に提供した「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」をセルフ・カヴァーして話題となっているなか、またとないタイミングでのアルバム・リリースとなります。これら3曲をはじめとするシングルA面曲のほか、シングルB面曲やアルバム収録曲など、竹内が提供した全11曲(作詞のみ2曲)を1枚に収録。正統派女性アイドルとして彗星のように出現し、抜群のアイドル性と歌唱力で強い印象を残した、岡田の再評価、再認識を促す1枚となりそうです。

 楽曲提供した竹内まりやは、「彼女が生きていたら52歳……。没後33年経った今も、あの愛くるしい笑顔と、ほのかな憂いを含んだ歌声が私の胸の奥に深く残っています。デビューから連続での3部作をはじめ、私にとって最も多くの楽曲を提供した歌手は、他ならぬ有希子ちゃんでした。33年の歳月を経て、やっと私自身がデビュー40周年記念のアルバムで「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」をセルフカバーすることができた今年、ほぼタイミングを同じくして、思い入れの深かった有希子ちゃんへの提供作品がここに1枚のソングブックとしてアルバム化できることを心から嬉しく思います。まぶしいティーンエイジャーのまま姿を消してしまった彼女は、まさに「永遠のアイドル」となり、あの頃と変わらぬ歌声で青春のときめきとせつなさを私たちに与え続けています」とメッセージを寄せています。

拡大表示


■2019年10月16日(水)発売
岡田有希子コンピレーションアルバム竹内まりや提供作品集
『岡田有希子 Mariya's Songbook』

ps.ponycanyon.co.jp/okadayukiko
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015