ニュース

小沢健二、ドラマ『珈琲いかがでしょう』OPテーマ「エル・フエゴ(ザ・炎)」の配信ライヴ決定

小沢健二   2021/04/13 12:39掲載
はてなブックマークに追加
小沢健二、ドラマ『珈琲いかがでしょう』OPテーマ「エル・フエゴ(ザ・炎)」の配信ライヴ決定
 小沢健二、26年ぶり3ヵ月連続シングルの第2弾「エル・フエゴ(ザ・炎)」のフル・ヴァージョンの初公開配信ライヴが、4月20日(火)20:00に決定。同曲は、翌4月21日(水)0:00より配信リリースされます。

 テレビ東京系で放映中、中村倫也主演ドラマ『珈琲いかがでしょう』のオープニング・テーマとして流れる同曲は、スペイン語で“ザ・炎”を意味するタイトルを冠した一曲。ゆらめくような琥珀色の炎がイメージされるバラード・ナンバーで、あたたかな癒しを提供するかに見えて、深く苦い過去を持つ主人公を描いた物語を体現しています。

 この偶然に、小沢健二は「『エル・フエゴ(ザ・炎)』を書き終わった頃にこのドラマのお話をいただき、原作マンガを読み進むにつれて、本当に驚きました。『珈琲いかがでしょう』と『エル・フエゴ(ザ・炎)』は、怖いくらいテーマが似ていたからです。もしドラマのために曲を作っていたら、ここまで強烈にシンクロはしなかった気がします」とコメント。『珈琲いかがでしょう』では、ストーリーに合わせて小沢健二自らが「エル・フエゴ(ザ・炎)」のうち、その回にピッタリのパートを切り出して編曲しており、冒頭から見逃せない(聴き逃せない)ドラマとなっています。

 3月に発表された第1弾「ウルトラマン・ゼンブ」は、小沢の4歳次男の発想から生まれたとのことですが、本作「エル・フエゴ(ザ・炎)」は7歳の長男が考えた想像上の人物がモチーフとなっており、「ゼンブ」と「フエゴ」は文字通りの兄弟作に。「エル・フエゴ(ザ・炎)」のジャケット・ヴィジュアルは「ウルトラマン・ゼンブ」のMVも撮影した当山礼子による長男・凜音くんの肖像写真で、小沢健二のアーティスト写真もトラッドな白いシャツに黒いネクタイという、息子と同じスタイリング、同じ構図のものに切り替わっています。

 子どもに着想を得た「ゼンブ」と「フエゴ」ですが、けっして子どもそのものを描いているわけではなく、より普遍的な、広がりを持つものを描写しています。これは、2019年作『So kakkoii 宇宙』から共通する特徴でもあり、小沢健二は「子どもを題材にするのではなく、子どもの時空に入りこんで一緒に書く、という手法です」と語っています。

 4月20日の配信ライヴは、録音や打ち込みは使わずにすべて生音で届けられるとのこと。「マイクロ魔法的」と題して短く凝縮されたライヴの中で、1回目の演奏は小沢健二のギターのみ、2回目は読売交響楽団のソロ・チェロ奏者である遠藤真理が加わる予定。また、映像は前回3月に実施された配信と同じく、ファッションフォトグラファーの守本勝英がカメラマンを務めます。

 なお、このライヴが「エル・フエゴ(ザ・炎)」フル・ヴァージョンの初披露となっており、新しい曲はリスナーの目の前で、生で届けたいという小沢健二の強い願いから実現しました。チケットはローチケで4月12日より発売開始されています。

拡大表示


マイクロ魔法的・4月「エル・フエゴ(ザ・炎)」ライヴ配信
2021年4月20日(火)20:00〜20:15
l-tike.zaiko.io/e/ozawakenji0420

■2021年4月21日(火)配信開始
小沢健二
「エル・フエゴ(ザ・炎)」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト
[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015