ニュース

パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放送響、ブルックナーの交響曲第1番をリリース

パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi)   2018/05/11 13:18掲載
はてなブックマークに追加
 指揮者パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi)が、フランクフルト放送交響楽団とのブルックナー・チクルス第7弾『ブルックナー: 交響曲第1番(1868年リンツ稿)』(SICC-10255 3,000円 + 税)を5月16日(水)にリリース。

 交響曲第1番ハ短調は、39歳で作曲した最初の交響曲(ヘ短調)の出来に満足しなかったブルックナーが41歳から書き始め、44歳の時に完成させた作品。作曲順としては2番目の交響曲にあたりますが、番号を付けたのはこのハ短調が初でした。作曲者自らが本作を“生意気な小娘(kecke Beserl)”とあだ名していたことからも、この作品に寄せたブルックナーの愛着が窺えます。

 本盤でパーヴォは、晩年にブルックナー自身が手がけた改訂稿“ウィーン稿”ではなく、“リンツ稿”と呼ばれる第1稿を演奏。行進曲風の第1楽章から、躍動感に満ちた活力あふれるサウンドが鳴り響きます。

 パーヴォは、首席指揮者を務めるNHK交響楽団の〈第1886回 定期公演 Cプログラム〉で、5月18日(金)と19日(土)に本交響曲を演奏します。

■2018年5月16日(水)発売
『ブルックナー: 交響曲第1番(1868年リンツ稿)』
SICC-10255 3,000円 + 税

[収録曲]
ブルックナー:
01. 交響曲第1番ハ短調WAB.101 (1866年リンツ稿)

[演奏]
パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団

[録音]
2013年2月6日〜8日 独フランクフルト“アルテ・オーパー”


NHK交響楽団 第1886回 定期公演 Cプログラム

2018年5月18日(金)
19:00〜
東京 渋谷 NHKホール
www.nhkso.or.jp/concert/concert_detail.php?id=721

2018年5月19日(土)
15:00〜
東京 渋谷 NHKホール
www.nhkso.or.jp/concert/concert_detail.php?id=722
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015