ニュース

ポール・マッカートニー、ツアー最終日は日本武道館

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)   2015/04/30掲載(Last Update:15/05/27 09:43)
はてなブックマークに追加
 単独来日公演〈OUT THERE JAPAN TOUR 2015〉最終日となった4月28日(火)、ザ・ビートルズ熱狂の来日以来49年ぶりに、日本武道館のステージへポール・マッカートニー(Paul McCartney)が立ちました。

 チケットはソールドアウト、武道館の外にはチケットを入手できなかった数百人のファンがその動向を見守る中、場内は暗転しポールがステージに登場。手を振って割れんばかりの大歓声に応える。注目の1曲目はビートルズ「キャント・バイ・ミー・ラヴ」。日本語でのMCも快調に、4曲目には今回の来日公演では初披露となるビートルズ「ワン・アフター・909」。そして6曲目は、1966年のビートルズの日本武道館公演でも演奏した「ペイパーバック・ライター」。

 セットリストは、東京ドーム公演にのっとっているものの、ところどころで今回の来日公演では初披露となるナンバーを挟んだスペシャルな構成に。「アナザー・ガール」「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」「バースデイ」といったビートルズ・ナンバーは、武道館の観客への何よりのプレゼントとなった。特にアルバム『ヘルプ!』からの「アナザー・ガール」は、ポール曰く、なんとステージでは今日が世界初公開とのこと。

 また、最新アルバムのタイトル曲「NEW」では、演奏が終わったあとにサビ部分をもう一度演奏して観客と一緒に歌うのを楽しんだり、「ブラックバード」の演奏前には場内の客電を少し明るくし、ステージ真後ろの見切れ席を除きびっしりと埋めつくされた客席を見渡すといった、ドーム公演にはなかった一幕も。

 「イッショニ ウタオウヨ!」という日本語MCとともに演奏された「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」以降は、ますます盛り上がらずにはいられない鉄板の流れ。「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」では、観客全員がリストバンド式のライトを揺らし、場内が光で埋めつくされるという美しい光景が広がり、ポールも「みんな最高だよ!」と大感激。

 本編終了時点で25曲を演奏するも、もちろん客席からはアンコールを求める大歓声。ほどなくステージに戻ったポールは、「ブドウカン! ブドウカン!」と観客とのコール&レスポンスを楽しむと、ビートルズ日本武道館公演でも歌った「イエスタデイ」。

 アンコールの最後は、もちろんメドレー「ゴールデン・スランバー〜キャリー・ザット・ウェイト〜ジ・エンド」。演奏がすべて終わると「みんなビューティフルだよ、武道館! マタアイマショウ! マタネ! See you next time!」と、ポールはステージを締めくくりました。

[セットリスト / 4月28日 日本武道館]
01. キャント・バイ・ミー・ラヴ(ビートルズ)
02. セイヴ・アス(ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
03. オール・マイ・ラヴィング(ビートルズ)
04. ワン・アフター・909(ビートルズ)●
05. レット・ミー・ロール・イット(ウイングス)
06. ペイパーバック・ライター(ビートルズ)★
07. マイ・ヴァレンタイン(ソロ)
08. 1985年(ウイングス)
90. 恋することのもどかしさ(ソロ)
10. 夢の人(ビートルズ)
11. アナザー・デイ(ソロ)
12. ダンス・トゥナイト(ソロ)●
13. 恋を抱きしめよう(ビートルズ)
14. アンド・アイ・ラヴ・ハー(ビートルズ)
15. ブラックバード(ビートルズ)
16. NEW(ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
17. レディ・マドンナ(ビートルズ)
18. アナザー・ガール(ビートルズ)●
19. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ(ビートルズ)●
20. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ビートルズ)
21. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ビートルズ)
22. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ビートルズ)
23. レット・イット・ビー(ビートルズ)
24. 007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
25. ヘイ・ジュード(ビートルズ)

26. イエスタデイ(ビートルズ)★
27. バースデイ(ビートルズ)●
28. ゴールデン・スランバー〜キャリー・ザット・ウェイト〜ジ・エンド(ビートルズ)
● 今回の来日公演では初披露となった曲
★ 1966年のザ・ビートルズの日本武道館公演でも披露された曲
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015