ニュース

ポール・マッカートニー、CD初収録8曲を含む『エジプト・ステーション』のデラックス盤を発売

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)   2019/04/25 14:10掲載
はてなブックマークに追加
ポール・マッカートニー、CD初収録8曲を含む『エジプト・ステーション』のデラックス盤を発売
 昨年9月にリリースされ、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)にとって36年ぶりの全米1位獲得作となったアルバム『エジプト・ステーション』が、CD初収録曲を含む2枚組デラックス盤『エジプト・ステーション(エクスプローラーズ・エディション)』(UICC-90010〜1 3,600円 + 税)となって5月17日(金)に発売されます。

 DISC 1にはアルバム『エジプト・ステーション』を全曲、DISC 2には『エジプト・ステーション』の日本盤ボーナス・トラック2曲と、アルバム・リリース後に発表された「ゲット・イナフ」や「ファー・ユー」のライヴ音源などCD初収録となる8曲の計10曲が収録されています。

 また、ヴィンテージ・スタイルのスーツケース型ボックスに、『エジプト・ステーション』のCD(日本盤のみSHM-CD)、LP、カセット、未発表曲とヴァージョン違いを7曲収録したボーナスLP、パフォーマンス映像、“トラベル”にまつわるアイテム(折り畳み地図、旅程表、ステッカーなど)が収納された全世界で3,000セットの限定ボックス・セット『エジプト・ステーション(トラベラーズ・エディション・ボックス・セット)』(PDCI-1928 55,000円 + 税)が5月10日(金)に発売されます。このトラベラーズ・エディション・ボックス・セットはUNIVERSAL MUSIC STORE限定で発売され、現在予約受付中です。

 ポール・マッカートニーは『エジプト・ステーション』発表後、2018年10月から11月にかけて来日公演を開催。その際に、PR担当が書いたブログの日本語訳が「ユニバーサル ミュージック」のホームページにて公開されています。

■2019年5月17日(金)発売
ポール・マッカートニー
『エジプト・ステーション(エクスプローラーズ・エディション)』

2CD UICC-90010〜1 3,600円 + 税

[Disc 1]
01. オープニング・ステーション
02. アイ・ドント・ノウ
03. カム・オン・トゥ・ミー
04. ハッピー・ウィズ・ユー
05. フー・ケアズ
06. ファー・ユー
07. コンフィダンテ
08. ピープル・ウォント・ピース
09. ハンド・イン・ハンド
10. ドミノズ
11. バック・イン・ブラジル
12. ドゥ・イット・ナウ
13. シーザー・ロック
14. ディスパイト・リピーティッド・ウォーニングス
15. ステーションII
16. ハント・ユー・ダウン / ネイキッド / C-リンク


[Disc 2]
01. ゲット・スターティッド
02. ナッシング・フォー・フリー
03. フランク・シナトラズ・パーティー
04. シックスティ・セカンド・ストリート
05. フー・ケアズ(フル・レングス)
06. ゲット・イナフ
07. カム・オン・トゥ・ミー(ライヴ・アット・アビイ・ロード・スタジオ)
08. ファー・ユー(ライヴ・アット・ザ・キャヴァーン・クラブ)
09. コンフィダンテ(ライヴ・アット・LIPA)
10. フー・ケアズ(ライヴ・アット・グランド・セントラル・ステーション)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015