ニュース

プライマル・スクリームの作品群がリマスター盤化!日本盤はボーナス・ディスク付き紙ジャケ仕様

プライマル・スクリーム(Primal Scream)   2008/05/07掲載(Last Update:08/05/23 14:31)
はてなブックマークに追加
 年内発売が噂される新作に先駆け、プライマル・スクリームの作品群がリマスター盤(一部作品を除く)で再発! しかも日本独自企画として、レア音源入りボーナス・ディスクを付属した紙ジャケット仕様で発売されます。

 対象となるのは、ハウスを大胆に導入した3rd『スクリーマデリカ』(SICP-1891〜2/91年)、ヒット曲「ロックス」を収めた4th『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ 』(SICP-1893〜4/94年)、ダブの手法を大々的に取り入れた5th『バニシング・ポイント』(SICP-1895〜6/97年)、傑作として名高い6th『エクスターミネーター』(SICP-1897〜8/2000年)、Columbia/Sonyからの初のアルバムとなった7th『イーヴル・ヒート』(SICP-1899〜900/2002年)、現在までの最新作である8th『ライオット・シティ・ブルース』(SICP-1901〜2/2006年)の6タイトル。『ライオット〜』以外の5タイトルには、世界初となるデジタル・リマスタリングが施される予定です。

 6タイトルとも、ディスク1にはオリジナル収録曲に新規のボーナス・トラックを追加。また日本独自企画として、現在入手困難なシングル音源やプロモーション音源などを収めたボーナス・ディスクの追加、そして紙ジャケット仕様も予定されています。いずれも日本盤の発売は7月2日を予定。完全生産限定での発売となりますので、お買い求めはお早めに!
続報
プライマル・スクリームのリマスター再発、 発売未定に
お伝えした作品のうち、以下の続報でお伝えした『スクリーマデリカ』(SICP-1891 税込1,785円)以外の5タイトルが発売未定になりました。
[ 2008/07/04掲載 ]
プライマル・スクリームのリマスター再発、一部内容変更
お伝えした作品のうち、『スクリーマデリカ』(SICP-1891 税込1,785円)の内容が変更。CD1枚組、ジュエル・ケース仕様、ボーナス・トラックなし、となります。また発売日は7月9日に変更されています、
[ 2008/05/23掲載 ]


≪プライマル・スクリーム 紙ジャケット+2CD≫
*7月2日発売予定。完全生産限定。
*日本独自企画盤。
*紙ジャケット仕様。
*2008年デジタル・リマスタリング(『ライオット・シティ・ブルース』を除く)。
*歌詞/対訳/新規解説/ディスコグラフィ/バイオグラフィ/新規デザインの帯(『イーヴル・ヒート』のみアーティストの意向により、対訳は記載されていません)。
*いずれもディスク1には新規ボーナス・トラックを追加収録予定。
*いずれも日本盤独自のボーナス・ディスクとして、現在入手困難なシングル音源やプロモーション音源などを収めたレア音源を収録予定。

●4th『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ 』(SICP-1893〜4/94年)
ダブル・ジャケット仕様。カラー内袋付き。

●5th『バニシング・ポイント』(SICP-1895〜6/97年)
ダブル・ジャケット仕様。カラー内袋付き。

●6th『エクスターミネーター』(SICP-1897〜8/2000年/写真)
カラー内袋付き。

●7th『イーヴル・ヒート』(SICP-1899〜900/2002年)
カラー内袋付き。

●8th『ライオット・シティ・ブルース』(SICP-1901〜2/2006年)

≪ナイスプライス≫
*7月9日発売予定。1CD仕様。
*ジュエルケース仕様。ボーナス・トラックなし。

●3rd『スクリーマデリカ』(SICP-1891 税込1,785円/91年)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015