ニュース

クイーンのライヴ・テイクや新ヴァージョンを収めた映画「ボヘミアン・ラプソディ」サントラ発売決定

クイーン(QUEEN)   2018/09/06 12:57掲載
はてなブックマークに追加
クイーンのライヴ・テイクや新ヴァージョンを収めた映画「ボヘミアン・ラプソディ」サントラ発売決定
 伝説のバンド、クイーン(Queen)と、そのフロントマンだった不世出のシンガー、フレディ・マーキュリーについて描いた11月9日(金)公開の映画「ボヘミアン・ラプソディ」のサウンドトラック『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』(UICY-15762 2,500円 + 税)が10月19日(金)に発売されます。

 貴重なライヴ音源や新たにレコーディングされた音源などを含むこのサントラは、ブライアン・メイロジャー・テイラーがプロデュース。エンジニアリングと共同プロデュースを、長年クイーンの作品を手がけてきたジャスティン・シャーリー=スミス、クリス・フレドリクソン、ジョシュア・J・マクレー、マスタリングをアダム・アヤンとボブ・ラドウィックが手がけています。

 1985年7月に開催された〈ライヴ・エイド〉での圧倒的なパフォーマンスから「ボヘミアン・ラプソディ」「RADIO GA GA」「ハマー・トゥ・フォール」「伝説のチャンピオン」が初めてCD化されるほか、30万人の観客を集めた85年のロック・イン・リオ出演時の「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」など貴重なライヴ音源を収録。

 「ウィ・ウィル・ロック・ユー(ムービー・ミックス)」は、スタジオ・ヴァージョンで始まり、観客が参加するライヴ・パフォーマンスへと移行する、映画のために制作された特別なヴァージョン。「ドント・ストップ・ミー・ナウ」では、メイは新たにギター・トラックを加えています。

 また、クイーン結成以前にメイとテイラーがヴォーカリストのティム・スタッフェルと結成していたバンド、スマイルの「ドゥーイング・オール・ライト」も収録。オリジナル録音から50年ぶりにメンバーの3人が集まり、アビイ・ロード・スタジオで新たにレコーディングされたものです。



■2018年10月19日(金)発売
クイーン
ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

UICY-15762 2,500円 + 税

[収録曲]
01. 20世紀フォックス・ファンファーレ
02. 愛にすべてを
03. ドゥーイング・オール・ライト...リヴィジテッド(Performed byスマイル)
04. 炎のロックン・ロール(ライヴ・アット・ザ・レインボー)
05. キラー・クイーン
06. ファット・ボトムド・ガールズ(ライヴ・イン・パリ)
07. ボヘミアン・ラプソディ
08. ナウ・アイム・ヒア(ライヴ・アット・ザ・ハマースミス・オデオン)
09. 愛という名の欲望
10. ラヴ・オブ・マイ・ライフ(ロック・イン・リオ)
11. ウィ・ウィル・ロック・ユー(ムービー・ミックス)
12. 地獄へ道づれ
13. ブレイク・フリー(自由への旅立ち)
14. アンダー・プレッシャー(Performed by クイーン&デヴィッド・ボウイ)
15. リヴ・フォーエヴァー
16. ボヘミアン・ラプソディ(ライヴ・エイド)
17. RADIO GA GA(ライヴ・エイド)
18. AY-OH(ライヴ・エイド)
19. ハマー・トゥ・フォール(ライヴ・エイド)
20. 伝説のチャンピオン(ライヴ・エイド)
21. ドント・ストップ・ミー・ナウ…リヴィジテッド
22. ショウ・マスト・ゴー・オン
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015