ニュース

クワイエット・ライオットのケヴィン・ダブロウが急死

クワイエット・ライオット(Quiet Riot)   2007/11/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 80年代のLAメタル・シーンで活躍したクワイエット・ライオットのシンガー、ケヴィン・ダブロウが、11月25日に米ラスベガスの自宅で死亡しているのが発見されました。52歳でした。死因は現在のところ発表されていません。

 ダブロウは75年に結成されたクワイエット・ライオットのオリジナル・メンバー。ランディ・ローズらとともに制作した初期2作は日本のみでのリリースに終わったものの、83年発表の『メタル・ヘルス〜ランディ・ローズに捧ぐ〜』(写真)からスレイドのカヴァー「カモン・フィール・ザ・ノイズ」が大ヒット。アルバムも全米1位を記録し、その名を轟かせました。当時、ダブロウのビッグ・マウスが注目されたこともあります。

 その後は人気が下降線を辿り、90年代以降は解散と再結成を繰り返すことに。2005年の復活後は地道に活動を続け、2006年には5年ぶりとなるスタジオ・アルバム『リハブ』がリリースされています。その『リハブ』は、ダブロウの死の以前から日本盤(GQCP-10012 税込\2,500・2008年1月23日発売)となることが決まっており、はからずも追悼する形になってしまいました。自らの公式HPに追悼の言葉を綴っているバンド・メイトのフランキー・バネリをはじめ、ルディ・サーゾ、元ウォレントのビリー・モリスら、ダブロウと関わりのあった面々が哀悼の意を表しています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015