ニュース

ビルボードライブ史上初のアニソン・ジャズ・ライヴ開催! サプライズは「GO!GO!MANIAC」!

RASMUS FABER   2011/01/12 14:50掲載
はてなブックマークに追加
ビルボードライブ史上初のアニソン・ジャズ・ライヴ開催! サプライズは「GO!GO!MANIAC」!
 100年以上の歴史を持ち、世界で最も信頼される音楽ブランド「ビルボード」の名のもと、世界最高峰のアーティストを招聘する「ビルボードライブ東京」にて、全曲アニソンのライヴ<プラチナ・ジャズ>が1月11日(火)に行なわれました!

 同ライヴはスウェーデン在住のハウスDJ、ラスマス・フェイバー(Rasmus Faber)がプロデュースをつとめる大人気アニソン・ジャズ・カヴァー・アルバム『プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード〜』シリーズの初となる来日公演。このシリーズは、クレモンティーヌをはじめ、海外アーティストによるアニソン・カヴァー・ブームの火付け役とも言われる作品で、amazonでは2010年年間ジャズチャートで第1位を獲得! 本格ジャズ・アルバムとしてジャズ界からはもちろん、アニメ界でも大きな注目を集めています。

 チケットは昨年中に完売となっていたこの日のライヴ、会場にはは、アニメ・ファン、ジャズ・ファンに交じって、人気アニメ『ロードス島戦記』の「Adesso e Fortuna〜炎と永遠〜」や『マクロスプラス』の「Voices」を手がけた新居昭乃、『はなまる幼稚園』の「キグルミ惑星」楽曲の原曲を手がけたコジマミノリ、同じく『はなまる幼稚園』を手がけ、劇場版『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』の監督でもある水島精二など、数多くのアニメ界の著名人が集結。まさに『プラチナ・ジャズ』のライヴにふさわしい華やかさに!

 出演は、ラスマス率いるスウェーデン最高峰のトップ・ジャズメン総勢11名。ニコニコ動画やYouTubeで話題の「はじめてのチュウ」を歌う二クラス・ガブリエソン、「創聖のアクエリオン」を歌うエミリー・マクイーワンらも参加し、『プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード〜』の世界観が、ジャズならではの遊び心あふれるパフォーマンスによって完全再現、会場は大きな盛り上がりをみせる。

 「そばかす」や「星間飛行」、「ハッピー☆マテリアル」などアップリフティングな楽曲が観客をクライマックスへと誘う中、衝撃のサプライズ! プレイされたのはなんと、CDアルバムには未収録の『けいおん!!』前期オープニング曲「GO!GO!MANIAC」。耳馴染みのあるイントロに会場がざわめく中、ハッピーなグルーヴがめまぐるしく展開。そのパフォーマンスに盛大な拍手がおくられました。

 ライヴは、ニクラスを招いての「はじめてのチュウ」でひとまず終了。鳴り止まないアンコールの拍手に誘われて再度幕が開くと、ファイナルを飾るパフォーマンスは、これまたアルバム未収録の、ニクラス&エミリーによる「HELLO VIFAM」デュエット・ヴァージョン。この日会場を訪れた人々にとっては、忘れられない特別な一夜となったはずでは。

 明日13日は「ビルボードライブ大阪」にて公演(こちらはまだチケット入手が可能とか!)。“クールジャパン”を象徴するアニソンの数々を、超一流の海外アーティストが極上の美メロ・ジャズとして仕立て上げる極レアなパフォーマンスをお見逃しなく!


プラチナ・ジャズ
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015