ニュース

レッド・ホット・チリ・ペッパーズにスタジアム大熱狂!

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ   2011/08/17 15:43掲載
はてなブックマークに追加
レッド・ホット・チリ・ペッパーズにスタジアム大熱狂!
 8月14日(日)に行なわれた<SUMMER SONIC 2011>東京公演2日目、最大のステージであるQVCマリンフィールド / マリン・ステージに、前日の大阪会場に続き、ヘッドライナーとしてレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)が登場! まさに“世界最強のロック・バンド”であることを証明する凄まじいステージを展開し、スタジアムに押し寄せた超満員の観客を興奮の坩堝へ!

 サマソニ東京公演のステージは、「バイ・ザ・ウェイ」のイントロとともにスタート。観客も、いきなりK点越えの熱狂! ヴォーカルのアンソニー、ドラムのチャド、ベースのフリー、そして新メンバーであるギタリストのジョシュの4人の姿が巨大スクリーンに映し出され、オ−ディエンスも大歓声でバンドを迎える。

 演奏曲目は、名曲を網羅した豪華な内容で、「キャント・ストップ」「スカー・ティッシュ」「ダニー・カリフォルニア」「アザーサイド」「カリフォルニケイション」などなど、怒涛のロック・ナンバーから、切ないメロディー/ギターをフィーチャーした曲まで、“これぞレッチリ”なセット・リストに。

 また、ニューアルバム『アイム・ウィズ・ユー』からも、先行ファースト・シングルとして大ヒット中の「レイン・ダンス・マギーの冒険」や、フリーのユニークな曲紹介による「エチオピア」などが披露。

 そして本編ラストは、とてつもない高揚感の「ハイヤー・グラウンド」から、名曲「アンダー・ザ・ブリッジ」。そしてアンコールの最後は「ギヴ・イット・アウェイ」と、レッチリの持つ多様性と奥深さを、まざまざと感じさせてくれるパフォーマンスとなりました。

 8月31日(水)には、いよいよ全世界待望のニュー・アルバム『アイム・ウィズ・ユー』がリリース! こちらもぜひチェックを。


レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
Photo By Kentaro Kambe


<8月14日(水)セットリスト@MARINE STAGE / SUMMERSONIC 2011>
01. By The Way
02. Charlie
03. Can't Stop
04. Scar Tissue
05. Factory Of Faith
06. Dani California
07. I Like Dirt
08. Otherside
09. The Adventures Of Rain Dance Maggie
10. Throw Away Your Television
11. Ethiopia
12. Right on time
13. Californication
14. Higher Ground
15. Under the Bridge
〜ENCORE〜
Drum Solo
16. Sir Psycho Sexy
17. They're Red Hot
18. Give it away
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015