ニュース

映画『シュガーマン』で注目を浴びる奇跡のシンガー“ロドリゲス”、NYでのライヴの模様をレポート!

ロドリゲス(RODRIGUEZ)   2013/04/11 15:57掲載
はてなブックマークに追加
 1960年代後半にデトロイトでデビューし2枚のアルバムをリリースするものの、アメリカでは日の目を見ぬまま音楽シーンから姿を消したものの、その歌声、音楽性の高さ、歌詞の痛烈さが海を渡り、革命を志す南アフリカの若者の間で支持され、同国で国民的な人気を誇ったシンガー、ロドリゲス。その後再び表舞台から姿を消し、伝説の存在となっていた彼のドキュメンタリー映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』(公開中)でいま再び脚光を浴びるロドリゲスが、4月7日にニューヨーク“ビーコン・シアター”でライヴを行ないました。

 総収容人数が3,000人近くになるビーコン・シアター。当日は“奇跡の歌声”を実際に聴いてみようと人々が押しかけ、チケットはもちろんソールドアウト。会場外ではチケットを400ドルを超すの高値で売るダフ屋が現れるほどのプレミアム・ショーとなりました。




 ロドリゲスは、ステージライトの光をよけるためなのか、目深に帽子を深々とかぶり、長髪にサングラスをかけ、全身黒ずくめでステージに登場。ギター1本を手に登場するやいなや、待ち構えていた聴衆は総立ちに。

 温かい声援で会場に迎えられたロドリゲスは、バックバンド(サックス、トランペット、ギター2、ドラム)をしたがえ、静かに演奏をスタート。映画本編で印象的に流れたサントラ収録曲はイントロだけで会場からは「ウォー」と声援が。今となっては“代表曲”を持つほどになった彼は、「アイ・ワンダー」、「アイ・シンク・オブ・ユー」、「イナー・シティ・ブルース」等で会場を魅了。またボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」などのカヴァーも7曲披露し、ファンへの嬉しいサプライズとなりました。


 カヴァーも含め21曲、約90分のステージを終えるとバンドともにステージに何度か登場し、総立ちのオーディエンスの惜しみない拍手を浴びながらも最後は「安全運転で帰ってくださいね。皆さまに幸あれ」と彼らしく締めくくり、舞台を背に。

 このSOLD OUT SHOWでの成功を皮切りに、ロドリゲスは世界最大規模の音楽フェスティバルにも出演する。4月14日と21日にはUSのコーチェラ、6月26にはUKのグラストンベリーへの出演がすでに決定。また、10月10日の世界最大規模のホール:ラジオシティ・ミュージックホールで行なわれるライヴも、売り出しと同時に完売しています。

 2012年7月、たった3館での限定公開から1年も経たずして、世界の名だたる音楽フェスやホールに登場するようになるとは本人含めて誰も想像しなかったこの現象は、まさにロドリゲスの歌声が起こした“奇跡”と言えるでしょう。


写真(c)MAYUMI NASHIDA

■2013年2月20日(水)発売
『「シュガーマン 奇跡に愛された男」オリジナル・サウンドトラック』
SICP-3727 税込2,520円

iTunes
mora mora.jp/package/43000001/4547366193015

『シュガーマン 奇跡に愛された男』

地球の裏側で起こった奇跡が、男の人生を大きく変える。音楽の共鳴力に心打たれる、驚嘆の実話

1968年、ミシガン州デトロイト。場末のバーで歌う一人の男:ロドリゲスが大物プロデューサーの目にとまる。満を持してデビューアルバム「Cold Fact」を発表するが、商業的には大失敗に終わる。世の多くのミュージシャンと同じく、彼もまた誰の記憶にも残らず、跡形もなく消え去った。ところが、音源は海を越え、運命に導かれ南アフリカに渡る。反アパルトヘイトの機運が盛上がる南アフリカの地で、若者達の胸に突き刺さった。その後20年にわたって広い世代に支持され、南アフリカではローリング・ストーンズに並ぶほど有名なアルバムになっていた。しかし誰も彼の「その後」を知らない。失意のうちにステージで自殺した、との都市伝説だけが残されているだけだった。なぜ彼の音楽は同時代のアメリカで無視され、南アフリカで熱狂的に受け入れられたのか?彼はどこへ行ってしまったのか?音楽の共鳴力に心打たれ、人生に起こる本当の奇跡に出会う、珠玉のドキュメンタリー。

第85回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞をはじめ、世界中の映画賞にて44ノミネート、29受賞!!


監督 / 製作 / 撮影 / 編集: マリク・ベンジェルール
2012年 / スウェーデン、イギリス / 85分 / 原題: Searching for Sugar man
オリジナルサウンドトラック: ソニー・ミュージックジャパン インターナショナル
HP: sugarman.jp

配給:角川書店
全国順次公開中
www.kadokawa-pictures.jp/official/sugarman/theater.shtml
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015