ニュース

ロン・セクスミスの新ユニット“Sexsmith & Kerr”、デビュー!

ロン・セクスミス(Ron Sexsmith)   2005/08/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 元・郵便局員という異色の経歴を持ち、一躍新世代のシンガー・ソングライターとしてエリオット・スミスなどとともに注目された、カナダ生まれのシンガー・ソングライター、ロン・セクスミス。その彼が新たにカナダのロック・バンド、Rheostaticsの元ドラマーである、ドン・カー(Don Kerr)とともに“Sexsmith & Kerr”なるユニットを結成! そのユニットのデビュー作となる『Destination Unknown』がリリースされます!

 もともとドン・カーはロン・セクスミスのツアー・ドラマとしても活躍しており、来日時にも一緒のステージに立ったこともあるので、ファンにはお馴染みの人物。アルバムでは、ロン・セクスミスがすべての曲を書いているそうで、“前向きモード”へと転じて放たれた、2002年発表のソロ作『コブルストーン・ランウェイ』(写真)にも通じる作風となっている模様です。アルバムには、マンドリンがフィーチャーされた「Listen」、カントリー風の「Reacquainted」、ドリーミーな「Chasing Forever」など全13曲を収録予定。リリースはUSにて9月6日を予定しています。

『Destination Unknown』
01. Listen
02. One Less Shadow
03. Lemonade Stand
04. Reaquainted
05. Chasing Forever
06. Counting On Time
07. Only Me
08. You’ve Been Waiting
09. Raindrops In My Coffee
10. I’ve Been Away
11. Diana Sweets
12. Your Guess Is As Good As Mine
13. Tree Lined Street
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015