ニュース

J-WAVEのステーション・ジングルを関口シンゴら「origami PRODUCTIONS」所属4組が担当

関口シンゴ   2015/04/02 16:20掲載
はてなブックマークに追加
 4月1日(水)より使用されているJ-WAVEの新しいステーション・ジングルを、「origami PRODUCTIONS」に所属するSWING-OShingo Suzuki関口シンゴKan Sanoら4組のアーティストが制作しました。

 今回はJ-WAVEの新キーワードとして挙げられた“TUNE INTO THE FUTURE”をテーマに、アーティストそれぞれがステーション・ジングルを制作。SWING-Oはヴォコーダーでソウルフルなトラックを、Shingo Suzukiは新プロジェクト“Hipnotics”を連想させながら、また関口シンゴは『Brilliant』(写真)、Kan Sanoは『2.0.1.1.』とアルバムとも繋がるように、お馴染みの“81.3”のメロディを使った未来を感じさせるサウンドを披露しています。

 なお、ヴォーカリストには、DRAMATIC SOUL(現在はメンバーとして活動休止中)のHiro-a-keyMISIA井上陽水などのコーラスとしても活躍中のLyn、今後注目のLA帰りのアーティストMichael Kanekoといった実力派アーティストが参加。

自分の曲があの耳に馴染んだ「エイティーワンポイントスリ〜...」って流れるなんて...ぜひラジオで聴きたいけど、聴いてる時に限って自分が作ったのは流れなかったりしてね。つけっぱなしにしよう。素敵な歌を入れてくれたのはHiro-a-key。未来への扉を開けるイメージで作りました!
――関口シンゴ

いつも新鮮な音楽を届けてくれるJ-WAVEは、僕のお気に入りのラジオステーション。今回の“Tune into the world”というキーワードからイメージできる、テンポ感の違う二つのBeatジングルを作りました。Enjoy J-WAVE!
――Shingo Suzuki

いつもリスナーとして楽しませてもらってるJ-WAVEの音作りに携われて本当に光栄です。15秒間に自分のFlavorをこっそり詰め込みました。Michael Kanekoのボーカルが良いスパイスになってます。81.3で是非チェックを!☆
――Kan Sano
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
[インタビュー] 島田奈美、最新ベストアルバム発売 島田奈央子、島田奈美を語る[インタビュー] “最強打線”をそろえた初のアルバム。DJ FUKUの『スタメン』
[特集] 「がんばれ!隠れ汗 プロジェクト」とは?『ビオレ さらさらパウダーシート』アニメCM公開中[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界
[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015