ニュース

シェク・カネー=メイソン、デッカ第2弾アルバムが全英アルバム・チャートTOP10入り

シェク・カネー=メイソン   2020/01/28 12:24掲載
はてなブックマークに追加
 1999年生まれのイギリスのチェロ奏者、シェク・カネー=メイソン(Sheku Kanneh-Mason)が1月10日にリリースしたアルバム『エルガー』が、全英アルバム・チャートの第8位にランクイン。シェクは同チャートでTOP10入りを遂げた初のチェロ奏者となり、さらに1989年にナイジェル・ケネディ(Nigel Kennedy)がリリースしたヴィヴァルディの『四季』以来、30年以上ぶりにTOP10入りした英国人クラシック演奏家となりました。『エルガー』の日本盤(CD UCCD-1480 2,800円 + 税)は2月19日(水)に発売される予定です。

 シェクは2018年5月、英国王室ヘンリー王子とメーガン・マークルのロイヤル・ウェディングで演奏して大きな話題を呼んだ、現在20歳になったチェリスト。デッカ第2弾となる本作は、サー・サイモン・ラトル(Sir Simon Rattle)指揮ロンドン交響楽団との共演で、エルガーのチェロ協奏曲をエルガー自身がこけら落とし公演を行なったアビー・ロード・スタジオで録音しています。エルガーがチェロ協奏曲を書いた当時(1919年)の戦前・戦後ヨーロッパの音楽的風景に目を向けた楽曲にもフォーカスしており、クレンゲルフォーレブロッホらの楽曲も収録。

 シェクは「僕のアルバムが全英アルバムチャートTOP10入りしたことを、本当に嬉しく思います。素晴らしい曲を書いてくれたエドワード・エルガーに心からありがとう! そしてサー・サイモン・ラトル、録音に携わってくれた音楽家達全員にもありがとうと言いたいです」とコメントを寄せています。



シェク・カネー=メイソン 日本公式HP
www.universal-music.co.jp/sheku-kanneh-mason
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015