ニュース

SHE’S、映画『そして、バトンは渡された』インスパイア・ソング・アーティストに抜擢 映画本予告&ポスター公開

SHE'S(PIANO ROCK / 大阪)   2021/07/29 12:39掲載
はてなブックマークに追加
SHE’S、映画『そして、バトンは渡された』インスパイア・ソング・アーティストに抜擢 映画本予告&ポスター公開
 大阪出身のピアノ・ロック・バンド“SHE’S”が、映画『そして、バトンは渡された』のインスパイア・ソングを担当することが決定しています。

 『そして、バトンは渡された』は、2018年2月に発売直後より感動傑作との多数の反響が大きな話題を集め、累計発行部数90万部を突破している本屋大賞受賞の感動作。永野芽郁田中圭石原さとみが出演、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』でその確かな演出力に定評のある実力派・前田哲がメガフォンをとり映画化されたもので10月29日(金)に全国公開されます。

 映画の世界観に寄り添った楽曲にしたいというプロデューサーの思いで、インスパイア・ソングのアーティストを募集したところ、映画の話題もあり約200組のアーティストから名乗りがあがり、その中からSHE’Sが抜擢。選定理由についてプロデューサーの田口生己は「最初にSHE’Sの楽曲を聞いたときに、まるで一本の映画を見終わったようなスケールと余韻に圧倒されました。繊細な歌詞で表現された、人それぞれにある人生という物語をエモーショナルに歌い上げていただいた〈Chained〉はまさに、この映画の表現したいすべてが詰まっていました。SHE'Sとこの映画の中で重要な意味を持つピアノという共通点を持ったこの楽曲が、多くの方の心に届くことを願っています」とコメントを寄せています。

 SHE’Sのヴォーカル・井上竜馬は以前より本作の原作を読んでいたそうで、「人と人で、人が人を繋いできた。何千年も、何万年も。次から次へと繋がれる愛の物語はきっと、今の時代を生きる人々の心を潤してくれる。澄んだ水が渇いた紙にじわりと溶け込むように。2年前に読了して心に残っていた本作品とまた出逢えた。バトンは繋がれた。愛おしい登場人物達から貰った沢山の言葉を胸に、映画の世界に寄り添い景色を増幅させるように、そして共に音楽人生を歩んでくれている温かいファンに愛が届くように作曲しました。とても素敵な作品になっているので是非映画館でご覧になってください。そして観終われば、あなたがまた誰かにバトンを渡す時です」とその喜びを語っています。

 主演の永野芽郁は、原作の大ファンで“この役は絶対に自分が演じたい!”と熱い想いを実現。苗字が4回も変わる数奇な人生をポジティブに捉えながらも、人知れず不安や葛藤を持ち合わせている主人公・優子を繊細に演じています。優子の血の繋がらない父親・森宮さんを、2021年“父親にしたい俳優No.1”に選ばれ幅広い世代に支持のある田中圭が、血の繋がらない父娘という全く新しい親子像を感動的に演じ切ります。

 そして、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女性・梨花に石原さとみ。“理想の女性”として常にその生き方が注目される石原は、物語のキーパーソンとなるシングルマザーで初の母親役を演じます。優子の同級生で淡い恋心を抱く存在で、天才ピアニストとして周囲から大きな期待をされている早瀬賢人には岡田健史、梨花の血の繋がらない娘・みぃたん役に『漁港の肉子ちゃん』の出演が話題となった稲垣来泉、さらには梨花に翻弄される役を演じ、梨花とみぃたんの物語に深く関わっていく役柄に大森南朋市村正親も出演するなど、各世代の実力派俳優陣が出演しています。

 監督を務める前田は「映画を見終わったあと、自分の身近にいる大切な人を見つめて、受け入れて甘えさせる余裕を持ってもらえたら嬉しいです。本来みんな持っていると思うんですけど、これだけ世知辛いと、つい忘れてしまう。忘れてしまっている大切な気持ちをこの映画で思い出して、幸せな気持ちで映画館を出てほしいです。この映画は大切な人へのラブレターでもあります。真摯にひとりに向けた言葉じゃないと、多くの人にも伝わらない。身近なひとりに向けて言った言葉というのは、みんなにも伝わっていくと思っています」と語っています。

 また、予告と共に公開となったポスター・ヴィジュアルでは、森宮さんと優子は何かを考えている表情で、梨花は笑顔でこちらを向いて立っている姿が。一見幸せそうな2つの家族に見えますが、後ろを向いて立つみぃたんの姿、そして“あなたに、伝えておかなければいけないことが―”の意味とは?こちらも、隠された“嘘と秘密”に目を引かれるヴィジュアルとなっています。

 なお、SHE’Sは、2022年2月24日(木)に東京・日本武道館にて〈SHE’S in BUDOKAN〉を開催します。詳細についてはオフィシャル・サイトをご確認ください。

拡大表示



©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

映画『そして、バトンは渡された』
2021年10月29日(金)より全国公開
warnerbros.co.jp/soshitebaton-movie
配給: ワーナー・ブラザース映画

SHE’S in BUDOKAN
2022年2月24日(木)
東京 日本武道館
開場 18:00 / 開演 19:00
料金: 指定席 5,830円(税込)
※未就学児入場不可。小学生以上有料。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015