ニュース

“キングオブ学芸会”私立恵比寿中学(エビ中)、学芸会で安室奈美恵のカバーを披露!

私立恵比寿中学   2012/03/28 16:47掲載
はてなブックマークに追加
“キングオブ学芸会”私立恵比寿中学(エビ中)、学芸会で安室奈美恵のカバーを披露!
 ももいろクローバーZの妹分的存在として人気急上昇中の平均年齢13.5歳の現役中学生9人組グループ、私立恵比寿中学(エビ中)が、3月25日(日)に<私立恵比寿中学 スプリングデフスターツアー2012 〜こりゃあ春からエビがいい!〜>の5公演目をクイーンズスクエア横浜・1F / クイーンズサークルにて行ないました。

 この日は、3月29日(木)に13歳の誕生日を迎える出席番号10番・柏木ひなたの生誕祭<柏木ひなた生誕祭〜いつまでたっても末っ子のおもちなのだ〜>が13時半から行なわれました。

 人気ナンバー「ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜」、「えびぞりダイアモンド!!」、そして5月5日こどもの日にリリースされるメジャー・デビュー・シングル「仮契約のシンデレラ」及び、カップリング曲「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」などを披露。その後、黒のリボンの付いた白いブラウス、イチゴがプリントされた黒のミニスカートで登場した柏木は、自分自身が大ファンである安室奈美恵の大ヒット・ソング「Body Feels EXIT」をソロで披露。観客は、オレンジ色のサイリウムでステージを盛り上げました。

 歌を披露後、柏木は、「エビ中に入る前は普通の人だったのに、こんな大きなステージで歌わせていただけて本当にうれしいです! ありがとうございました!」とコメント。

 また、サプライズとして、公演のはじめに、4月から、高校生になる出席番号1番・瑞季、出席番号3番・真山りかの<卒業しない式>を行ない、2011年10月に発売されたシングル「もっと走れっ!!」のカップリング曲である「永遠に中学生」を2人で披露。その際、瑞季は、「わたしたちはこの春から中学4年生になりまーす!」とコメント、大盛り上がりとなりました!

 4月1日(日)にはライヴ・イベント<私立恵比寿中学〜うっかり学芸会〜>が東京・赤坂BLITZにて2部構成で開催。タイトルにもあるように、彼女たちの学芸会らしさが散りばめられた、予想不可能(?)なパフォーマンスに期待しましょう。

 
【シングル情報】
※5月5日発売
メジャー仮契約デビューシングル「仮契約のシンデレラ」

初回生産限定エー盤(DFCL-1885 税込1,200円)
[収録曲]
01.仮契約のシンデレラ
02.放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
03.揚げろ!エビフライ
04.仮契約のシンデレラ(Less Vocal)
05.放課後ゲタ箱ロッケンロールMX(Less Vocal)
06.揚げろ!エビフライ(Less Vocal)

初回生産限定ビー盤(DFCL-1886 税込1,200円)
[収録曲]
01. 仮契約のシンデレラ
02. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
03. 歌え!踊れ!エビーダダ!
04. 仮契約のシンデレラ(Less Vocal)
05. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX(Less Vocal)
06. 歌え!踊れ!エビーダダ!(Less Vocal)

サブカル盤(通常盤)(DFCL-1887 税込1,200円)
[収録曲]
01.仮契約のシンデレラ
02.放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
03.結果オーライ
04.仮契約のシンデレラ(Less Vocal)
05.放課後ゲタ箱ロッケンロールMX(Less Vocal)
06.結果オーライ(Less Vocal)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015