ニュース

私立恵比寿中学(エビ中)、日本青年館でのワンマン・ライヴを開催決定!

私立恵比寿中学   2012/04/03 16:22掲載
はてなブックマークに追加
私立恵比寿中学(エビ中)、日本青年館でのワンマン・ライヴを開催決定!
 現在人気急上昇中! 平均年齢13.7歳の現役中学生9人組アイドル・グループ、私立恵比寿中学(エビ中)が、インディーズでは“ラスト”となるワンマン・ライヴを赤坂BLITZにて行ないました。

 デフスターレコーズとのメジャー契約を発表し、5月5日のこどもの日にシングル「仮契約のシンデレラ」でデビューするエビ中は、現在<スプリングデフスターツアー 2012〜こりゃあ春からエビがいい!〜>真っ最中。

 ワンマン・ライヴとしては、即日ソールドアウトとなった昨年10月8日の渋谷O-EAST公演、そして2,500人を超える応募が殺到した12月23日の渋谷GLAD公演に続き3回目。今回も二部構成で行なわれ、共に5,000人を超える応募から抽選で選ばれたファンが会場へ集結!

 一部では、メンバーも初めて観るという、メジャー・デビュー・シングル「仮契約のシンデレラ」のミュージック・ビデオをステージ上のスクリーンで初公開。アンコールでは、この日が初パフォーマンスとなった新曲「歌え!踊れ!エビーダダ!」を披露し、あの大物海外女性アーティストを彷彿させる演出で、新たなエビ中ワールドを見せつける! 最後は激烈メタル・チューン「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」を“ほうきギター”ソロを交えパフォーマンスすると、観客も負けじと“MXジャンプ”で応え、会場は凄まじい熱気で充満。

 二部では、メンバーも衣装を変え、色鮮やかなグリーン、ブルー、ピンクの衣装で三組に分かれて登場。一部同様、オープニングから会場を揺るがす大きな声援と合いの手が飛び交う中ライヴはスタートし、インディーズ楽曲とメジャー楽曲を交えたバリエーション豊かなセットリストが続く。

 そんな中、ラゾーナ川崎でのメジャー・デビュー調印式以来となる“Mr.デフスター”がいきなりステージに登場! 何も聞かされていなかったメンバーを唖然とさせると、「とてもいいパフォーマンスで嬉しくなったよ。ただ、本当にこれで学芸会のキングを名乗れるのだろうか。ケン・ヒライの妹として認めてもらえるのだろうか」と通訳を介して語りかけ、メンバーの意気込みを確認。ステージ上でのやりとりの後、最後は「今日の学芸会がもっともっと盛り上がるようにエビ中ファミリーみんなで日本古来の掛け声でひとつにならないか」と微妙な提案をし、メンバーと観客に「エイエイオー」の掛け声を強制すると、満足げにステージを去っていったのでした……。さらにその後、ステージ上のスクリーンには、7月1日に日本青年館でのワンマン・ライヴが決定したことが発表! 初耳のメンバーは狂喜乱舞&一気にテンションを再加速させ、本編は大団円でフィナーレを迎えました!


私立恵比寿中学
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015