ニュース

Shiver of Frontier、3rdアルバム『Faint Hope to the Reality』発売

Shiver of Frontier   2022/04/19 12:45掲載
はてなブックマークに追加
Shiver of Frontier、3rdアルバム『Faint Hope to the Reality』発売
 Shiver of Frontierが、3rdアルバム『Faint Hope to the Reality』を5月27日(金)にリリース。

 2010年春頃、メロディを重視したキャッチーかつ本格的なメロディック・パワー・メタル・バンドを目指し、元々別バンドで共に活動していたAkihiro(g)、Kouta(b)、Takazumi(key)により結成。まもなくしてMinaki(vo)、Hayate(g)、Yamato(ds)が加入、ハイトーン・ヴォーカルとツイン・リード・ギターを擁した6人編成で活動を開始。バンド名“Shiver of Frontier”に含まれる“Shiver”という単語は“戦慄”という意味ですが、“旋律(メロディ)”という裏の意味も込められています。

 2011年秋頃、初のデモ音源「Hope of Eternity」を制作、ライヴ会場限定で発売。その直後TakazumiとYamatoが一身上の都合により脱退してしまいますが、2012年には新作の制作に着手、2013年春頃、楽曲に更にシンフォニックなアレンジを加えた2ndデモ「Hope of Eternity/Lost Tears」を発表。

 その後2014年から2015年に掛けて1stアルバムのレコーディングに着手し、2016年にはBlack-listed Recordsと契約。当初から掲げているメロディ重視の音楽性はそのままに、よりシンフォニックに、より劇的に進化した1stアルバム『Memory of Destiny』を2016年5月にリリース。2017年に入り、2ndアルバムの構想を練りつつ、その先駆けとなるミニ・アルバムの制作を開始、前作の方向性を受け継ぎつつ、メンバー全員が作曲に携わる事により更にバラエティーに富んだミニ・アルバム『Crystal in My Heart』を同年11月にリリース。2018年、新作のレコーディングを開始し、メロディック・パワー・メタルとしての深みを増した2ndアルバム『Can You See The World?』を2019年8月にリリース。その後、新メンバーに妙-tae-(ds)を迎えてライヴ活動を行ないますが(それまではサポートドラムで活動)、2020年にHayateが一身上の都合により脱退。

 2022年、Ryo(g)、Nobuaki(key)が加入。約2年間の制作期間を経て、3rdアルバム『Faint Hope to the Reality』を同年5月27日に(金)リリースします。

 本作はこれまでのShiver of Frontierの音楽性を踏襲しつつも、新加入の3名のメンバーのポテンシャルを最大限引き出した、新章の幕開けに相応しい渾身の完成度となりました。ミックス・マスタリングはCrunch Studioの石野洋一郎が手掛け、本格的なオーケストラ・アレンジを取り入れたメロディック・パワー・メタルが、より強力なサウンドへと昇華した作品に仕上がっています。

Shiver of Frontier official site
shiveroffrontier.web.fc2.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015