ニュース

シンプル・マインズ、ニュー・アルバム『WALK BETWEEN WORLDS』を発表

シンプル・マインズ(Simple Minds)   2017/12/18 14:48掲載
はてなブックマークに追加
シンプル・マインズ、ニュー・アルバム『WALK BETWEEN WORLDS』を発表
 1977年にグラスゴーで結成して以来、イギリスを代表するバンドのひとつとして活躍してきたシンプル・マインズ(SIMPLE MINDS)が、ニュー・アルバム『WALK BETWEEN WORLDS』を2018年2月2日(金)に発表。2014年の前作『Big Music』と同様、プロデュースしたのはバンドとアンディ・ライト、ギャビン・ゴールドバーグ。メンバーが幼い頃から親しんできたアナログLPを意識して制作した、全8曲42分の作品となっています。

 アナログのA面にあたる1曲目から4曲目は、グラッシーなギター・サウンドが響くポストパンク時代のダンス・ミュージック的な仕上がり、B面にあたる5曲目から8曲目はアビイ・ロード・スタジオで録音したオーケストラ・サウンドも聴けるスケールの大きなシネマティックな音楽となっています。

 アルバムを発表後、故郷・グラスゴーで行なう2月13日(火)の公演を皮切りにイギリス、フランス、ベルギー、オランダ、デンマークを回るヨーロッパ・ツアーを開催。その後、各地で開催されるフェスへの出演を経て、8月から9月にかけてはプリテンダーズとのツアーが決定しています。



■2018年2月2日(金)発売
SIMPLE MINDS
『WALK BETWEEN WORLDS』

輸入盤

[収録曲]
01. Magic
02. Summer
03. Utopia
04. The Signal and The Noise
05. In Dreams
06. Barrowland Star
07. Walk Between Worlds
08. Sense Of Discovery
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015