ニュース

園 子温が監督・脚本を手がけるNetflixオリジナル・シリーズ「愛なき森で叫べ」制作決定

園子温   2018/10/01 15:24掲載
はてなブックマークに追加
園 子温が監督・脚本を手がけるNetflixオリジナル・シリーズ「愛なき森で叫べ」制作決定
 監督と脚本を園 子温、主演を椎名桔平が務めるNetflixオリジナル・シリーズ「愛なき森で叫べ」の制作が決定。2019年にNetflixにて全世界で配信する予定となっています。

 『愛のむきだし』や『ヒミズ』など、各国の映画祭で数々の賞を受賞する、日本を代表する映像作家のひとりである園 子温が監督と脚本を務める本作は、園の代表作として名高い『冷たい熱帯魚』や『恋の罪』のように、実際の猟奇殺人事件にインスパイアされた作品として人間社会へ深く切り込み、その本質と人間の深淵を描き出していきます。

 園は「世界中の人々、これまで私の作品を支持して下さった方はもとより、新たな観客に向けて、残酷でありながらもロマンティックな、全く新しい愛の物語をお届けします。普段からNetflixをよく視聴しており、この作品がどのように受け止められるのか、非常に楽しみです」とコメントを寄せています。本作の主人公、冷酷な先天的犯罪者である村田 丈を演じる椎名桔平は、「園監督は役者に“役をリアルに生きているかどうか”を投げかけてきます。わずかな躊躇も見逃しません」「相当にタフな現場ですが、それを上回る喜びを感じています」と意気込みを語っています。また、「何かでかいことをしたい」と上京し、自主映画サークルの仲間たちと猟奇的な事件に巻き込まれる若者シン役を演じる満島真之介は「深い関わりのある園監督から、“一緒に世界でやりませんか”と言われて、覚悟を決めましたし、未来が見える、希望に満ちあふれた気持ちになりました」とコメント。村田に籠絡される娘を通じて事件に絡め捕られていく父親を演じるでんでんは、「今回は真逆の被害者。台本を読む前からこれは難しいぞと感じた。難しい程にやりがいも大きい。どのような被害者になるか自分自身に興味がある」と語っています。

世界中の人々、これまで私の作品を支持して下さった方はもとより、新たな観客に向けて、残酷でありながらもロマンティックな、全く新しい愛の物語をお届けします。普段からNetflixをよく視聴しており、この作品がどのように受け止められるのか、非常に楽しみです。
――園 子温

脚本を頂いた時には驚きを隠せませんでした。あまりにも可笑しく、あまりにも凄惨で、あまりにも愛おしい物語だと。撮影に入るまで、どこまでこの脚本通りに撮影するのかと、期待と不安が入り混じっての日々でした。村田 丈は、詐欺師的な側面があってか、膨大なセリフ量が伴います。しかも村田は、その時々で別人格の様な人間になるので、本来の村田をしっかりと意識しながら多様な村田を演じなければならない。これまでに無いほど手強い役だと実感しています。園監督とは2度目の作品となりますが、脚本、監督作品は初参加となります。以前から園組に参加したいと強く思っていました。園監督は、ひたすらに映画を愛し、映画が持っている可能性を追い続けている人。現場は基本1シーン1カット撮りなので、役者の感情が継続していきます。園監督は役者に「役をリアルに生きているかどうか」を投げかけてきます。わずかな躊躇も見逃しません。谷川撮影監督率いるスタッフも、独特の緊張感を保ち続けています。相当にタフな現場ですが、それを上回る喜びを感じています。Netflixオリジナル作品は映画「アウトサイダー」に続く2度目となりますが、世界中の皆さんに届くという事はとても嬉しいですし、現在の日本の文化や、日本人そのものをダイレクトに感じてもらえる機会になればと願ってます。
――椎名桔平

Netflixが日本に来る前から園監督と、動画配信で世界はどうなるんだろう、という映画の未来の話をしていたので、絶対に参加したかったんです。『ちゃんと伝える』では助監督として現場にいたこともあり、作る側としても深い関わりのある園監督から、「一緒に世界でやろう」と言われて、覚悟を決めましたし、未来が見える、希望に満ちあふれた気持ちになりました。

――満島真之介

某大学のアメリカ文学の教授で、子供の前でも妻を愛撫する男である。その反面子供には非常に厳しい躾をする。そんな人間が一犯罪者の虐待に脆くも崩れてしまう。毎回現場に行くことがたのしみである。現場は活気に満ち溢れスタッフキャストは生き生きしている。日に日に作品が仕上がっていくさまがみえる。『冷たい熱帯魚』では、加害者初代・村田の鬼畜を演じ、今回は真逆の被害者。台本を読む前からこれは難しいぞと感じた。難しい程にやりがいも大きい。どのような被害者になるか自分自身に興味がある。全世界190ヵ国配信といえばもう地球まるごとだ。園子温監督筆頭にスタッフキャスト一団となって世界を震撼させるぞ!
――でんでん

脚本開発のかなり早い段階から園監督より、村田役は椎名桔平さんがいいのではないかという提案がありました。例えば映画『ヌードの夜』における椎名さんの色気と狂気は、この作品が求めるものでした。クランクインした後も、日々、脚本を加筆・修正するほど、園監督の情熱は燃えたぎっており、椎名さんをはじめとした出演者の皆様との驚くようなケミストリーが起こっています。園監督がこれまでに獲得してきた世界での評価を鑑みれば、日本以外でも大きな反響が得られると確信しています。この作品そのものの力で、日本の作品を見たことがない人を含め、少しでも多くの新しい観客を開拓できればと思います。自主規制や過剰な配慮を排し、テーマや演出意図に沿って、自由に大胆に制作できることはNetflixオリジナルドラマであることは大きな強みです。また、世界中の人々に見てもらえるチャンスは、出演者・制作陣の大きなモチベーションになっています。
――武藤大司(プロデューサー)

Netflixオリジナルシリーズ
「愛なき森で叫べ」

園 子温 脚本・監督 
2019年Netflixにて全世界配信予定
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015