ニュース

惣領智子、4作目のオリジナル・アルバム『モーメンタリー』をリイシュー

惣領智子   2023/03/10 13:05掲載
はてなブックマークに追加
惣領智子、4作目のオリジナル・アルバム『モーメンタリー』をリイシュー
 惣領智子が、4作目のオリジナル・アルバム『モーメンタリー』を4月19日(水)に再リリース。

 アメリカで活動した日本人アーティストとしては先駆けとなるブラウン・ライスから惣領智子のキャリアはスタート(ブラウン・ライス加入当初は旧姓: 吉原智子。後にこのバンドを率いるプロデューサー惣領泰則と結婚。惣領姓となる)。

 ブラウン・ライスが解散し、帰国した惣領智子は惣領泰則プロデュースのもと、ソロ・デビューを果たします。1stアルバム『やさしく愛して』では、アコースティック楽器が多く起用され、フォークからニューミュージックへの過渡期、その時代性を思わせる作風でした。

 2ndアルバム『City Lights by the Moonlight』では、後年シティ・ポップスの名曲として高評価されていく表題曲ほか、エレクトリック楽器をはじめホーン、ストリングスの起用度も高まりポップスとしての洗練度が増していきます。

 その後、ブラウン・ライスで活動を共にした高橋真理子(日系米国籍)とのデュオ“Tinna”を結成。その音楽は世界レベルの最先端のサウンドでした。英詞で綴られた作品が多いこともそう思わせます。4枚のアルバムを発表した後、“Tinna”は活動を休止。翌年、同じレーベルよりソロとしてオリジナル3rdアルバム『IT’S ABOUT TIME』を発表。Tinnaの活動後に、生まれたこのアルバムには、アーティストとしてスケール・アップした惣領智子の姿があります。

 と同時に、そのアルバムのジャケットを飾る写真では「母」の顔・姿をのぞかせていました。1人の女性としてひとつの大きな「とき」を迎えていたことも、表現に影響を与えていたことでしょう。

 約8年後、待望の4作目のオリジナル・アルバム『モーメンタリー』をリリース。この度、このアルバムを再リリースします(最新マスタリングおよびUHQCD仕様)。収録曲中、9曲は惣領智子による作曲、英詞以外は作詞も本人によるもの。女性として、アーティストとして成長を遂げたことは必然であり、その楽曲たち、その美しい歌声に陶然とさせられます。

 ボーナス・トラックとして、スタンダードといえる喜納昌吉の作による「花」を収録。ここでも美しい声と美しい旋律の邂逅に癒されます。

ステップス・レコーズ
stepsllc1218.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015