ニュース

スパークルホースのマーク・リンカスが死去

スパークルホース   2010/03/08 14:32掲載
はてなブックマークに追加
スパークルホースのマーク・リンカスが死去
 アコースティックを基調としつつ、メロトロンやアナログ・シンセ、サンプリング・ノイズもコラージュする、繊細で幻想的な音空間が耳の肥えた音楽ファンから絶大な支持を得ていた、米ヴァージニア出身のバンド、スパークルホース(Sparklehorse)。中心人物としてバンドを支えたマーク・リンカス(Mark Linkous)が3月6日、自らの命を絶ち死去しました。マークの家族は同日、「我々の親愛なる友人、家族の一員であるマーク・リンカスが本日、自らの命を絶ったというニュースをみなさんと分かち合わなくてはならないことをとても悲しく思います」との声明を発表。正確な年齢を明らかにしていなかったマークですが、47歳だったと言われています。

 スパークルホースは、マークの実質的なソロ・プロジェクトで、1995年にアルバム『Vivadixiesubmarinetransmissionplot』でデビュー。以後、『グッド・モーニング・スパイダー』(1998年 / 写真)、『イッツ・ア・ワンダフル・ライフ』(2001年)、『Dreamt for Light Years in the Belly of a Mountain』(2006年)というオリジナル・アルバム4枚を発表。レディオヘッドR.E.M.などがツアーのオープニング・アクトに起用するなど、多くのアーティストからも賛辞を受けていた存在です。

 最近はニュー・アルバムを制作中と伝えられており、またお蔵入りとなっていたデンジャー・マウスとのコラボ作『Dark Night Of The Soul』が今夏に公式リリースされると発表されたばかりでした。心よりご冥福をお祈りします。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015