ニュース

スパークルホースのマーク・リンカスが死去

スパークルホース(Sparklehorse)   2010/03/08 14:32掲載
はてなブックマークに追加
スパークルホースのマーク・リンカスが死去
 アコースティックを基調としつつ、メロトロンやアナログ・シンセ、サンプリング・ノイズもコラージュする、繊細で幻想的な音空間が耳の肥えた音楽ファンから絶大な支持を得ていた、米ヴァージニア出身のバンド、スパークルホース(Sparklehorse)。中心人物としてバンドを支えたマーク・リンカス(Mark Linkous)が3月6日、自らの命を絶ち死去しました。マークの家族は同日、「我々の親愛なる友人、家族の一員であるマーク・リンカスが本日、自らの命を絶ったというニュースをみなさんと分かち合わなくてはならないことをとても悲しく思います」との声明を発表。正確な年齢を明らかにしていなかったマークですが、47歳だったと言われています。

 スパークルホースは、マークの実質的なソロ・プロジェクトで、1995年にアルバム『Vivadixiesubmarinetransmissionplot』でデビュー。以後、『グッド・モーニング・スパイダー』(1998年 / 写真)、『イッツ・ア・ワンダフル・ライフ』(2001年)、『Dreamt for Light Years in the Belly of a Mountain』(2006年)というオリジナル・アルバム4枚を発表。レディオヘッドR.E.M.などがツアーのオープニング・アクトに起用するなど、多くのアーティストからも賛辞を受けていた存在です。

 最近はニュー・アルバムを制作中と伝えられており、またお蔵入りとなっていたデンジャー・マウスとのコラボ作『Dark Night Of The Soul』が今夏に公式リリースされると発表されたばかりでした。心よりご冥福をお祈りします。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015