ニュース

〈アカデミー賞〉4部門にノミネートされた映画「君の名前で僕を呼んで」サントラ国内盤が発売

スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)   2018/01/25 14:35掲載
はてなブックマークに追加
〈アカデミー賞〉4部門にノミネートされた映画「君の名前で僕を呼んで」サントラ国内盤が発売
 昨年11月の全米公開時より話題となり、アカデミー前哨戦の賞レースを席巻。第90回〈アカデミー賞〉において作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門にノミネートされた映画「君の名前で僕を呼んで」(原題: Call Me By Your Name)のオリジナル・サウンドトラック『君の名前で僕を呼んで』の国内盤CD(SICP-5682 2,400円 + 税)が3月21日(水)に発売されます。

 4月27日(金)に日本公開予定の映画「君の名前で僕を呼んで」は、1980年代北イタリアの避暑地を舞台に、17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)と24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)の生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描く作品。サウンドトラックには、〈アカデミー賞〉歌曲賞にノミネートされたスフィアン・スティーヴンス書き下ろしのテーマ曲「ミステリー・オブ・ラヴ」をはじめ、サイケデリック・ファーズ坂本龍一ジョルジオ・モロダーらの80sヒッツを収録。楽曲は映画の設定当時の雰囲気を出すため、ルカ・グァダニーノ監督自らセレクトしています。全世界で反響を呼んでいるスティーヴンスの楽曲について監督は「スフィアンの歌で映画にもう一つの声が加わったと思う。彼の曲はナレーションのない映画のナレーションなんだ」とコメント。さらにバッハやラヴェル、サティといったクラシックの名曲もセレクトされ、ジャンルレスに楽しめるコンピレーション・アルバムとなっています。

 このサントラは現在、iTunesなどでデジタル配信されているほか、初回仕様限定 / ブルー・ヴァイナルの輸入盤ヴァイナルも発売中です。



■2018年3月21日(水)発売
「君の名前で僕を呼んで」オリジナル・サウンドトラック
SICP-5682 2,400円 + 税

[収録曲]
01. ジョン・アダムズ / ハレルヤ・ジャンクション第1楽章
02. 坂本龍一 / M.A.Y. in the Backyard
03. ロレダナ・ベルテ / ベニスの愛
04. バンドレロ / パリス・ラティーノ
05. フランク・グレイザー / 官僚的なソナチネ(サティ)
06. アレッシオ・バックス / カンタータ第140番『目覚めよと呼ぶ声が聞こえ』より〜第4曲(バッハ)
07. ジョルジオ・モロダー&ジョー・エスポジト / レディ・レディ・レディ
08. アンドレ・ラプランテ / 海原の小舟(ラヴェル / 鏡より)
09. スフィアン・スティーヴンス / フューティル・デヴァイセズ
10. 坂本龍一 / ジャーミネイション
11. F.R.デイヴィッド / ワーズ
12. マルコ・アルマーニ / エ・ラ・ヴィータ
13. スフィアン・スティーヴンス / ミステリー・オブ・ラヴ
14. フランコ・バッティアート / レディオ・ヴァルサヴィア
15. サイケデリック・ファーズ / ラヴ・マイ・ウェイ
16. ヴァレリア・セルヴァンスキー, ロナルド・カヴァイエ / 妖精の庭(ラヴェル / マ・メール・ロワより)
17. スフィアン・スティーヴンス / ヴィジョンズ・オブ・ギデオン
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015