ニュース

鈴木大介×酒井健治、京都・岡崎の蔦屋書店で初の音楽イベント開催

鈴木大介   2019/06/25 15:40掲載
はてなブックマークに追加
鈴木大介×酒井健治、京都・岡崎の蔦屋書店で初の音楽イベント開催
 6月29日(土)に京都・下鴨半木町 京都コンサートホールで開催されるクリスティアン・アルミンク(Christian Arming)指揮ベルギー王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演に先駆け、当公演でソリストを務めるギタリストの鈴木大介が6月20日(木)に京都・岡崎 蔦屋書店にてスペシャル・イベント〈『鈴木大介トークセッション&プレミアムライブ』〜新しい音楽、クリエイティブ最前線〜〉を開催しました。

 本イベントは、前半は作曲家の酒井健治とのトークセッション、後半は鈴木によるプレミアム・ライヴという2部構成。トークセッションは、リエージュ・フィル公演で鈴木が演奏するタン・ドゥン作曲の「ギター協奏曲〈Yi2〉」のギター・ソロ部分を演奏しながら進行。琵琶を感じる音色やトレモロを駆使する奏法、京劇を連想させるシーン、広く長いフレージングからなる大陸的なメロディなど、作曲者の出身国である中国ならではの要素が詰まっており、風景描写に長けたタン・ドゥンの魅力を紐解きました。

 後半のライヴは、前半に語られた酒井の「エーテル幻想 ギターソロのための」からスタート。疾走感溢れるグルーヴと斬新な響きが特徴の作品で、鈴木による渾身のパフォーマンスに聴衆は聴き入りました。続いて、タン・ドゥンのことを高く評価していた武満 徹の名編曲による「イエスタディ」「オーバー・ザ・レインボー」、先月亡くなったドリス・デイの歌った「シークレット・ラヴ」などが演奏され、会場は贅沢な音楽空間となりました。

Photo: 山本康平

クリスティアン・アルミンク指揮 ベルギー王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団 来日公演2019
www.kajimotomusic.com/oprl2019
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015