ニュース

竹達彩奈の新曲MVに、川本真琴と沖井礼二がカメオ出演

竹達彩奈   2013/03/15 15:27掲載
はてなブックマークに追加
竹達彩奈の新曲MVに、川本真琴と沖井礼二がカメオ出演
 4月10日(水)に発売される、人気声優・竹達彩奈の1stアルバム『apple symphony』より、収録曲「春がキミを綺麗にした」のミュージック・ビデオ(short ver.)がYouTubeで公開!

 この曲は、川本真琴が作詞・作曲、吉田哲人がアレンジを手掛けた、これからの季節にピッタリのフレンチ・テイストと、ザ・ビーチ・ボーイズ的なサウンド・エッセンスが融合したビート・ポップス! 映像監督はピチカート・ファイヴのMVを数多く撮り下ろしてきた井上 強がつとめ、清楚でちょっと背伸びした竹達のビジュアルと淡い色味の質感が印象的。川本と沖井礼二のカメオ出演も見どころです!

 なお、竹達は記念すべき1stワンマン・ライヴが自身の誕生日である6月23日(日)、TOKYO DOME CITY HALLで開催。昼の部〈竹達彩奈“apple symphony”the Live〉は、アルバム『apple symphony』の楽曲を中心にしたライヴ・イベントになる予定で、夜の部〈竹達彩奈“apple symphony”the Birthday〉は誕生日を祝う、歌あり&トークありのイベントとなるとか。しかもこちらは特別グッズが付く予定……! 最新情報はスペシャル・サイト(ayanataketatsu.jp)でチェックしましょう!



<竹達彩奈からのコメント>
 「川本さんが私のために新たに書き下ろしてくださった楽曲。春らしくて、川本さんらしいおもしろくてステキな表現が歌詞のなかにたくさん散り ばめられています。私、80年代のアイドル顔って言われることがあるんですが、この曲は80年代のアイドル・ソング的というか、とてもキャッチーで化粧品やシャンプーのCMソングのような明るくてキラキラしたメロディとサウンドが最高です。シングルにしたかったぐらいなのでMVを撮っていただくことになりました」

<川本真琴からのコメント>
――楽曲提供について
 「<春がキミを綺麗にした>は、歌って面白くて元気な感じがよいかなと思ってかなり研究しました。竹達さんの今までのミュージックビデオがとて も面白くて、曲も個性的で参考になりました。きっと私の曲は歌うのが大変じゃないかなと思ったのですが、仕上がりは全然だいじょうぶで新鮮で した。歌詞は竹達さんが歌うことによってできあがった感じがしました」

――竹達の印象について
 「どんなのでも歌えるなぁとおもいました。以前ギターを練習していたという話が印象的でした。ミュージック・ビデオは、とても大変な忙しい時期にやっておられて、きっと思い出の一日だったのじゃないかと思います。私も少し参加させていただいてしまってありがとうございます。現場では私はめちゃ人見知りしてたのですが、竹達さんが話しかけてくれたのでなんだか暖かかったです。そして出来上がり素晴らしかったです」

――竹達彩奈のファンへメッセージ
 「一生懸命作ったので是非聴いて下さい」
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015