ニュース

寺尾紗穂が約10年分のテキストを収めたエッセイ集「彗星の孤独」を刊行

寺尾紗穂   2018/10/12 14:17掲載
はてなブックマークに追加
寺尾紗穂が約10年分のテキストを収めたエッセイ集「彗星の孤独」を刊行
 昨年のソロ・アルバム『たよりないもののために』に続き、伊賀 航(b)、あだち麗三郎(dr, sax)と組んだ新バンド“冬にわかれて”での初アルバム『なんにもいらない』のリリースを控える音楽家・寺尾紗穂が、新聞、雑誌ほか様々な媒体に寄稿したテキストをコンパイルするエッセイ集「彗星の孤独」(四六判 仮フランス装 320頁 1,900円 + 税)を上梓。10月17日(水)の発売が決定しています。

 「原発労働者」(2015, 講談社刊)、「南洋と私」(2015, リトル・モア刊)、「あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々」(2017, 集英社刊)など、綿密かつ繊細な取材と独自の考察で記した著作で文筆家としても知られ、2018年度は朝日新聞の書評委員も務めている寺尾紗穂。本書には、今年6月に逝去した父・寺尾次郎について書き留めた「二つの彗星」(初出「新潮」2018年8月号 / 新潮社刊)をはじめとする2009年から現在までに発表された膨大なテキストに加え、書き下ろしのエッセイも収録。集大成と言うべき内容となっています。

 刊行を記念して、発売翌日の10月18日(木)には東京・渋谷 HMV & BOOKS SHIBUYA 6Fイベントスペースにて、帯文を寄せた作家 / 社会学者・鈴木涼美とのトークショウ&サイン会の開催も決定。トークショウは観覧無料。サイン会への参加には、同店での寺尾紗穂「彗星の孤独」、鈴木涼美「オンナの値段」購入者に先着で配布される「整理番号付きサイン会参加券」が必要です。詳しくは特設ページにてご確認ください。

 なお11月30日(金)には、冬にわかれてのアルバム発売記念コンサート〈冬にわかれての小演奏会〉が東京・吉祥寺 STAR PINE'S CAFEにて開催されます。

拡大表示
photo ©植本一子


■2018年10月17日(水)発売
寺尾紗穂
彗星の孤独

1,900円 + 税
四六判 仮フランス装 320頁
ISBN 978-4-909048-04-2 C0095
発行: スタンド・ブックス


寺尾紗穂 / 鈴木涼美
トークショウ&サイン会

2018年10月18日(木)
東京 渋谷 HMV & BOOKS SHIBUYA 6Fイベントスペース
19:30〜
観覧自由
www.hmv.co.jp/store/event/35461

冬にわかれて
リリースパーティー1st
「冬にわかれての小演奏会」


2018年11月30日(金)
東京 吉祥寺 STAR PINE'S CAFE
ゲスト: butaji(弾き語り)
開場 18:30 / 開演 19:30
前売 3,500円 / 当日 4,000円(税込 / 別途ドリンク代)
一般発売: 2018年10月6日(土)〜
ぴあ(P 131369)


[先行販売]
2018年9月28日(金)16:00〜
スターパインズカフェ


※お問い合わせ: スターパインズカフェ 0422-23-2251

■2018年10月17日(水)発売
冬にわかれて
なんにもいらない

PCD-28041 2,800円 + 税

[収録曲]
01. 君の街
02. 耳をすまして
03. 白い丘
04. おかしなラストプレイ
05. 冬にわかれて
06. 月夜の晩に
07. 甘露日
08. なんにもいらない
09. 優しさの毛布でわたしは眠る
10. 君が誰でも
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015