ニュース

THE YELLOW MONKEY、東名阪4公演ドーム・ツアー開催発表後に渋谷・La.mamaにてギグを開催

ザ・イエロー・モンキー   2019/08/08 14:14掲載
はてなブックマークに追加
THE YELLOW MONKEY、東名阪4公演ドーム・ツアー開催発表後に渋谷・La.mamaにてギグを開催
 THE YELLOW MONKEYが、結成30周年を記念して、キャリア最大規模となるドーム・ツアー〈THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR〉の開催を発表。本ツアーは東京、名古屋、大阪の3ヶ所を廻る全4公演となっており、初めてライヴを行った日からちょうど30年となる2019年12月28日に開催される愛知・ナゴヤドーム公演を皮切りに、2020年2月に大阪・京セラドーム大阪、2020年4月に東京ドームにて2デイズ公演を行います。

 ドーム・ツアーの発表があった8月6日の夜、THE YELLOW MONKEYは、バンドの歴史の起点ともいうべき東京・渋谷のライヴハウス・La.mamaにてプライべート・ギグを開催しました。入場料は税込30円で、観客は250人。開演時刻を迎えて場内が暗転すると、歓声が渦巻く中、メンバーたちはフロアを横切るようにしてステージへ。そして配置に着いた4人の準備が整った頃、30周年を記念してのドーム・ツアーの開催が発表されると場内は大歓声に包まれました。

 ライヴは「Subjective Late Show」で幕を開け、「どうも皆さん、ようこそLa.mamaへ!」という、まるで自宅にオーディエンスを招き入れるかのような口調での吉井和哉のMCを挟みつつ、「LOVERS ON BACKSTREET」「SLEEPLESS IMAGINATION」「WELCOME TO MY DOGHOUSE」など全6曲を披露し、約30分ほどで終了しました。なお本ライヴはTHE YELLOW MONKEYのYouTube公式チャンネルにて生配信され、最大同時聴者数は約4万人、視聴回数は約12万を記録しました。

 なお、8月21日(水)発売の「ぴあMUISC COMPLEX Vol.14」にて、THE YELLOW MONKEYが表紙を飾ることが決定しています。メンバーの最新ロング・インタビューはもちろん、「30周年スペシャル120Q」、スタッフが語る現ツアーの裏側、さらにファン・アンケートの結果発表など、50ページを超えるボリュームで特集されています。

Photo: 横山マサト


[オフィシャル・レポート]
文: 増田勇一

 THE YELLOW MONKEY史上最大規模となるドームツアー開催決定が公表された瞬間、4人のメンバーたちは聖地にいた。このバンドの歴史の起点ともいうべき東京・渋谷のライヴハウス、La.mamaである。彼らが8月6日、都内某所にてプライべートギグを開催するとの情報が発信されたのは、去る8月1日のこと。しかもバンド結成30周年にちなんで、入場料は税込30円という通常では考えられない価格。しかも、演奏時間は午後7時半からの30分間だという。ファンのなかには、このニュースを目にした次の瞬間、その都内某所というのがLa.mamaであることを察知した人たちも少なくなかったはずだ。なにしろそこは、彼らが1989年12月28日に現在と同じラインナップでの初のライヴを行なった会場でもあり、まさしく初期のホームグラウンドというべき場所。実際のところ、チケットはLINEチケットを通じての当日先着販売のみで、まさしく秒単位で瞬殺となり、会場がLa.mamaである事実はそのプラチナチケットを勝ち取った強運の持ち主たちだけに直接通知された。チケットの販売開始直後に約67万のアクセスが殺到し、サイトは繋がりにくい状態になったという。

 午後7時、入場前から興奮を隠せないファンが整理番号順に、地下のライヴ空間へと呑み込まれていく。その数、実にわずか250人。

 ステージ下手側にはスクリーンが設置され、画面内でカウントダウンが刻々と進んでいく。先頃のさいたまスーパーアリーナ公演終了時から始まったこのカウントダウンがゼロに到達した瞬間、何が起こるのか? その答えが今回のプライベートギグであることはすでにバンドのオフィシャルサイトでも明らかになっていたが、いつのまにかそこには、このギグ開催と同時に何らかの特別な告知があることを示唆する言葉が加えられていた。「もう解散しません!」と断言している彼らだけに、歓迎できない情報でないことだけは明らかだ。が、いったいこの場で何が発表されるというのか?

拡大表示拡大表示

 カウントダウンの数字が一桁に近付き始めると、La.mamaを埋め尽くした観客は声を合わせて数字を叫ぶ。そして、それがゼロを迎え、場内は暗転。スクリーンには、彼らがかつてこの会場を根城としていた時代のライヴ映像が流れ、細切れにコラージュされた映像がどんどん現在へと近付いていく。そんななか、わずか250人のオーディエンスとは思えない音量の歓声が渦巻く。メンバーたちが姿をみせ、フロアを横切るようにしてステージへと向かっているのだ。そして配置に着いた4人の準備が整った頃、スクリーンに浮かぶライヴ映像は現在へと到達し、次の瞬間、30周年を記念してのドームツアー決定の文字が浮かびあがる。一瞬の戸惑い。そして大きな歓喜の声。それをオープニングSEに据えるかのようにして、この特別な夜は「Subjective Late Show」で幕を開けた。2016年の秋に実施された全国ホールツアーのタイトルにも掲げられていたこの曲は、1992年6月発表のメジャー1stアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE(夜行性のかたつむり達とプラスチックのブギー)』からの選曲だ。そして間髪を入れずに、これまた同アルバムからの「Chelsea Girl」が始まる。この時点でもう、彼らが“あの頃”のライヴパフォーマンスを意識しながらステージに立っていることは明らかだった。それを裏付けるように、今夜のステージ上には、完全に4人しかいない。現在実施されているアリーナツアーに参加しているサポートメンバー、鶴谷崇(key)の姿はそこにはない。

 「どうも皆さん、ようこそLa.mamaへ!」

 吉井和哉は、まるで自宅にオーディエンスを招き入れるかのような口調でフロアに呼び掛け、映画『オトトキ』で無観客ライヴの模様をこの場所で収録した際には非常に寂しかった、と語る。そして、いつかふたたび演奏したいと考えていたこの場所で、ドームツアー開催発表と当時にライヴができている喜びを口にした。そうした発言のなかで、彼はLa.mamaを「時空を超えた、特別な場所」と形容し、かつてはこの場所でプレイすることをイメージしながら曲を作っていたことがあるのも認めていた。

拡大表示拡大表示

 そんな語りに導かれながら始まったのは、これまた初期の名曲のひとつとして知られる「LOVERS ON BACKSTREET」。こちらは1991年7月にリリースされたインディーズ作品、『BUNCHED BIRTH』からのセレクトだ。そして、やはり同作からの「SLEEPLESS IMAGINATION」がそれに続く。この時空を超えた空間は、まさにタイムマシーン。THE YELLOW MONKEYを愛する人たちの多くが原体験できずにいた時代のライヴを、時間を逆戻りしながら味わっているような感覚だ。しかもこれは、単純な“過去の再現”とも違っている。THE YELLOW MONKEYがバンドとしてまだまだ未成熟だった時代の楽曲を目の前でプレイしているのは、まぎれもなく現在の、文字通り日本を代表するロックバンドのひとつとなった揺るぎない4人なのである。

 演奏は同じ選曲モードのままで続き、終盤にはやはり1stアルバム収録曲であり、同時に彼らにとってのデビューシングル(1992年5月21日リリース)にあたる「Romantist Taste」が登場。そしてわずか30分という短い饗宴の終幕を飾ったのは、インディーズ作からの「WELCOME TO MY DOGHOUSE」だった。この曲を歌う前に、吉井は「この地下の、クサい匂いが大好き」と言った。その言葉を聞いて改めて痛感させられたのは、ここまで巨大な怪物バンドとなった今現在も、犬小屋のように狭い空間で育まれた精神や美学といったものは4人のなかから少しも損なわれていないのだ、ということ。実際、菊地英昭がこの日、初めてこのバンドのメンバーとしてこのステージに立った30年前のあの夜と同じギターとキャビネットを持ち込んでいたという事実も象徴的だ。

 4人が全6曲の演奏を終え、その場から姿を消したのは、午後8時を9分ほど過ぎた頃のこと。250人というごく限られた来場者と、YouTubeでその様子を世界中から見守り続けた多くの人たちの目に、この夜の彼らはどのように映っただろうか? ちなみに結果的には、最大同時聴者数は約4万人、視聴回数は約12万を記録するに至っている。

 実際のライヴ中、涙を流しながら笑顔で歌詞を口ずさむファンの姿も目に飛び込んできたし、「こんな近くで観られるなんて信じられない!」といった感嘆の声も聞こえてきた。30周年を記念しての料金わずか30円のライヴは、本当にまるで信じがたい夢のような出来事だった。しかし、これが2019年のTHE YELLOW MONKEYを取り巻く現実なのである。そんなひとときを経て、彼らはふたたびアリーナツアーの日常へと戻っていった。吉井は「またちょくちょくやりたいね、これは」などとも口にしていたが、その約束が果たされるのがいつのことになるのかは、まだ誰にもわからない。が、今回の聖地巡礼はファンに対するサプライズ・プレゼントになったばかりではなく、彼ら自身にとっても次の段階へと歩みを進めるうえで、間違いなくとても意義深いものとなったはずである。


拡大表示拡大表示


■2019年8月21日(水)発売
「ぴあMUSIC COMPLEX(PMC)Vol.14」
A4変型 112頁 / 無線とじ 1,204円 + 税
piabook.com/shop/g/g9784835640761

THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR
theyellowmonkeysuper.jp/feature/30th
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015