ニュース

東京女子流 4thツアーFINAL 日比谷野音の大成功! 3rdツアーの反省からの復活と今後の飛躍を宣言!

東京女子流   2014/06/16 16:19掲載
はてなブックマークに追加
東京女子流 4thツアーFINAL 日比谷野音の大成功! 3rdツアーの反省からの復活と今後の飛躍を宣言!
 5人組ダンス&ヴォーカル・グループ、東京女子流による全国ツアー〈4th JAPAN TOUR 2014 〜Royal Mirrorball Discotheque〜〉のツアー・ファイナルが6月15日、日比谷野外大音楽堂にて行なわれました。

 この野音のステージのみ、生バンドでのライヴ構成。普段より東京女子流のレコーディングに参加しているギタリスト土方隆行をはじめ、ドラム渡嘉敷祐一、キーボード松田真人、ベース湯浅崇と、東京女子流の重厚なサウンドを再現できるバックバンドが揃い、主役の東京女子流がどんなパフォーマンスを見せれるかが注目されました。野音ならではのリハーサルのバンドの音漏れから、すでにファンは興奮。立見の当日券が出るということで、チケットを持っていなかったファンも場外には駆けつけ、開場前に列を作っていました。

 「ヒマワリと星屑」のギターカッティングからライヴはスタート。この「ヒマワリと星屑」は代表曲ながら、結成当初より東京女子流のヴォーカルをひっぱってきた小西彩乃が昨年より歌の調子を崩し、昨年の武道館よりその歌唱パートを別のメンバーが担当していた曲。その歌唱パートを、オリジナルのとおり小西彩乃が歌い出し、パフォーマンス。長く心配していたファンの歓喜の絶叫がライヴ全体をヒートアップさせました。この日、東京女子流メンバーは全員ダンスも歌も好調。リハーサル時のメンバーのブログなどでも触れていた「バンドさんがすごすぎて、女子流も負けないようにしたい」というとおり、5人が最高のパーフォマンスを見せていき、終盤に「Limited addiction」でまたもや小西彩乃が元パートを歌い上げ、会場が最高潮となるとそのアレンジが曲中に別のアレンジ・ヴァージョン「Limited addiction -Unlimited addiction Mirrorball Royal Mix-」に変化。オーディエンスは一気に熱狂に包まれました。

 ライヴ本編最後の曲の前に、この4thツアーよりメンバー内の役割変更で新リーダーとなった庄司芽生よりMCにて「(昨年の)3rdツアーでは体調不良などもあり自分たちのメンタルの弱さを思い知らされました。(今回の)4thツアーでは自分達でステージを作らせてもらい、東京女子流とはどういうものなのかというのを改めて考えました。そして今ここまできて、新たなスタートを切ろうというメンバーの想いが詰まった曲」という説明で、まさに昨年のある意味、挫折となった3rdツアーのタイトルであった「約束」を歌唱。東京女子流はその長かった挫折からの1年を終え、復活と今後の飛躍を宣言。そこには、いままでの歌って踊る可愛い5人組のイメージとは明らかに違った、力強いアーティスト東京女子流5人の姿がありました。

 またこの日のMCでは、7月6日(日)に開催調整中のラゾーナ川崎プラザでのフリー・ライヴ、7月13日より5ヵ月連続で開催される東京・赤坂BLITZでのワンマン〈TGS Discography〉〈HARDBOILED NIGHT 全5夜〉、そして新曲のアナログ・リリースなど、今後の予定が発表されました。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015