ニュース

和田彩花、自身初の作詞による初ソロ曲を発表

和田彩花   2019/10/10 12:37掲載
はてなブックマークに追加
和田彩花、自身初の作詞による初ソロ曲を発表
 元アンジュルム和田彩花が、10月9日(水)に、自身初のソロ曲「Une idole」を公式YouTubeチャンネルにて発表しました。

 2019年6月18日にアンジュルムを卒業してから初の音楽活動であり、自身初のソロ曲、そして自身初の作詞となります。ミュージック・ビデオは、アンジュルム時代に初めて行った憧れの地フランスでの映像と、アンジュルム卒業後に幼少時代より憧れだったエジプトにプレイべート旅行で行った映像に本人の書いたイラストをミックスして作成。

 気になる曲クレジットは、作詞が和田彩花、作曲が信澤宣明、編曲がgoldholics。信澤宣明はドラマ『中学聖日記』や映画『ニセコイ』など映画・アニメ・ドラマの劇伴や、バニラビーンズの「きっといい場所」などで知られる作曲家です。

 和田は「和田彩花として音楽でも表現させていただける機会がついに始まりました。私はアイドルだけど、誰のものでもなく、私自身で生きていく、そんなアイドルの形があってもいいよね? ではないですね、そんなアイドルの形が可能だと思っています。私の活動のイントロダクションとしてぜひ楽しんでください」とコメントを寄せています。

和田彩花として音楽でも表現させていただける機会がついに始まりました。
一人になってから、密かにコツコツと作詞をしていました。
ようやく、皆さんに届くと思うと楽しみな気持ちと少し不安な気持ちと。 私はアイドルだけど、誰のものでもなく、私自身で生きていく、そんなアイドルの形があってもいいよね? ではないですね、そんなアイドルの形が可能だと思っています。
今の私には大きくキラキラ輝くような夢はきっとありません。ですが、私の目の前に広がっている現実の大きく深い世界を感じるたび、ワクワクするのです。自分の目で、自分の足で、様々な世界を知りたいです。
そんな風にこの先を見つめていきたいという願いで書いたものなので、 これから始まる私の活動のイントロダクションとしてぜひ楽しんでください。
そして、自分の身体を通してこの曲を表現していく機会を作っていけるよう頑張ります。
では、このへんで。

――和田彩花



和田彩花 official YouTubeチャンネル
www.youtube.com/c/wadaayaka
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015