ニュース

湯浅 学 『アナログ穴太郎音盤記』の刊行記念トーク・イベントが開催決定

湯浅学   2016/05/18 12:48掲載
はてなブックマークに追加
湯浅 学 『アナログ穴太郎音盤記』の刊行記念トーク・イベントが開催決定
 2010年以降に発売されたアナログ盤を聴きまくり、その音の豊かさ清らかさ雑味の楽しさ太さなどを綴った『アナログ穴太郎音盤記』(湯浅 学=著 / 音楽出版社刊)の刊行を記念して、著者の湯浅 学を迎えたトーク・イベントが決定。6月2日(木)19:00より、東京・吉祥寺「QUATTRO LABO」にて開催。お店の素晴らしいサウンドシステムを使用した、アナログ盤の音楽も楽しめます。

 『アナログ穴太郎音盤記』で取り上げているアナログ盤は、ボブ・ディランプリンスニック・ロウレナード・コーエンデヴィッド・ボウイマイ・ブラッディ・ヴァレンタインジョン・ケージデレク・ベイリーサン・ラーヒラリー・ハーンハウシュカPerfume岡村靖幸相対性理論細野晴臣ニール・ヤングの6inch、ブライアン・ウィルソンの78回転盤、キティ・デイジー・アンド・ルイスによる同楽曲の7inch(45回転, ステレオ)と10inch(78回転, モノラル)、様々なレコードの無音部を集めた珍品を含むアンビエントと実験音楽の諸作など。近年のリリースであってもすでに入手困難となっている作品もあり、盤の奥深い魅力に触れられる貴重な一夜となること必至です。

 イベント参加のお申込は予約フォーム(www.cdjournal.com/main/present/-/798)にて受付中。当日の選曲の参考として、書籍の中で取り上げられている作品からのリクエストも受け付けています。

 また湯浅 学は、5月18日(水)放送のTBSラジオ「荻上チキ・セッション22」(22:00〜24:55)の24時台に生出演。アナログ盤をかけつつ『アナログ穴太郎音盤記』とアナログ盤にまつわる話を繰り広げる予定となっています。

『アナログ穴太郎音盤記』
発売記念イベント

2016年6月2日(木)
東京 吉祥寺 QUATTRO LABO
出演: 湯浅 学
開場 18:30 / 開演 19:00(終了 21:00予定)
1,500円(税込 / 別途ドリンク代500円)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015