リサーチ

サッポロ ドラフト・ワンのCM曲「夢見るNo.1」は誰がカヴァー?

2004/02/16掲載
はてなブックマークに追加
サッポロの「ドラフトワン」のCM曲なのですが、たぶん元はブロンディー「夢見るナンバーワン」だと思うのですが、一体誰がカヴァーしているのか教えてください。それからCD化されてるのかもお願いします。
 125円!が嬉しい、サッポロ ドラフト・ワン! CMで流れているこちらの曲は、ザ・パラゴンズ(The Paragon)の「The Tide is high」のCM用アレンジだそうで、CMでは、ウェイリング・ソウルズ(Wailing Souls)というバンドが演奏しているそうです。

 ご質問にあるように、この「The Tide is high」という曲は、「夢見るNo.1」という邦題が付いた“ブロンディ”によるカヴァーが有名ですが、元々は、ジャマイカのコーラス・トリオ“ザ・パラゴンズ”の「The Tide is high」がオリジナル。オリジナル・ヴァージョンは、ブロンディ・ヴァージョンとはまた違ったヴォーカルの魅力に溢れていますので、ぜひ一度聴いてみることをお勧め致します! 『My Best Wears My Crown With Tommy Mccook And Supersonics』(CDTRL299)(1995/12/26発売)などのCDに、この曲は収録されていますが、残念ながら、日本盤でのリリースはありませんので、輸入盤をお探しください。

 もちろん、当時あまり知られていなかった、レゲエのリズムを取り入れて大ヒットしたブロンディ・ヴァージョンもオススメ! NYパンク・シーンから出発した、魅惑のヴォーカリスト、デボラ・ハリー率いるブロンディは、スカやレゲエ、ラップなどを積極的に取り入れて、80年代のポップ・シーンで大成功を収めましたが、この曲もそんな曲のひとつでしたよね?
 なお、残念なことに、ご質問の「CMヴァージョンはCMオリジナルのため、現在までのところCD化はされておりません」とのことですので、ドラフト・ワンのHPの“CMライブラリー”にてお楽しみください。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015