リサーチ

スムースウーロン シノアのCM曲は?

2004/05/19掲載
はてなブックマークに追加
スムースウーロン シノアのCMで流れている、アジアっぽい曲が心地よくて気になります。アーティストは誰ですか? またリリースの予定はありますか?
 日本コカコーラから4月12日に発売された“シノア(shinoa)”は、渋みを抜いて、すっきりと洗練された“スムースウーロン”という烏龍茶なのだそうです。ボトルも凝ったデザインでつい手に取ってしまいたくなりますよね。CMもまた、中国情緒漂う不思議なハイスピード映像と心地良いゆったりとした音楽で、シノアのコンセプトどおりの洗練されたイメージそのままです。

 さて、そんな同CMにて使用されている音楽ですが、制作会社サーティースの作品で、作曲は藤田哲司、エンジニアは橋本まさし、ヴォーカルは土岐麻子がそれぞれ担当。作曲を手掛けた藤田哲司は、数多くのコマーシャル・ミュージックやパリコレなどのファッションショーの音楽も手掛けるサウンドクリエーターであり、また自身の作品も発表しています。ヴォーカルを担当した土岐麻子は言わずと知れた元Cymbalsのヴォーカリストで、2月にはジャズ・カヴァー・アルバムを発表してファンを驚かせのも記憶に新しいはず。残念ながら、このCM曲のCDリリースは今のところ予定されていません。が、土岐麻子の次なるアルバムに収録されたりすると嬉しいですよね。

 CMはシノアのHP「shinoa MOVIE」で視聴できますが、同サイトはそれだけではありません! 他にもいろいろと楽しめるのですが、ビックリしたのはCMメイキング。CMを観て、1人の女性の映像を合成したのだろうなんて考えていませんかアナタ? その真相は・・・観てのお楽しみ。これは必見ですよ! また、シノアのボトルを並べるだけでCM音楽を自由に編集して、オリジナル・サウンドを作れるというコンテンツ「shinoa SOUNDS」もオススメ! かなり楽しくって、音楽好きなアナタならきっと嵌ってしまいますよ!!
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015